徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/医療安全管理学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217270
EOID
576810
Map
0
LastModified
2011年4月9日(土) 18:17:54
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部口腔保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Safety Management in Dentistry / (日) 医療安全管理学 / (読) いりょうあんぜんかんりがく
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 伊賀 弘起([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健教育学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    肩書 任意
    役割 任意 授業責任者
  2. 河野 文昭([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
    肩書 任意
    役割 任意
  3. 尾崎 和美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])
    肩書 任意
    役割 任意
  4. 松山 美和([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔機能管理学])
    肩書 任意
    役割 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 歯科医療の質と安全を確保する為に,具体的に医療現場で行われる必要な業務を把握し,医療事故を未然に防ぐ知識と心構えを習得する.

概要 必須

(日) 医療の安全を確保する為に医療法で義務付けられている内容を基に,医療管理に必要な項目を述べると共に,医療事故の事例を挙げ,事故発生の背景,事故の予防法,事故への対処法等を検討する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 推奨
  1. (日) 講義(視聴覚教材,プリントを適宜使用する.)

授業場所 必須

(日) 月曜4時限目 第6講義室

注意 推奨

(日) 医療安全管理学の授業では授業計画の「内容」の欄に各講義事項のキーワードを掲載している. ①受講者は各回のキーワードについて事前に予習して理解した内容を簡潔に纏めること. ②受講者は毎回受講後に学習成果を基にキーワードについて再度内容を簡潔に纏めること. また予習時の内容と復習時の内容を比較して学習成果を確認すること. ③試験は全講義数の2/3以上の出席を満たしている者に対して行う. ④予習,復習をすることが出席評価に含まれる.

目標 必須
  1. (日) 医療法で安全を確保する為に義務付けられている内容を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  2. (日) 医療安全管理体制に必要な責任者,スタッフの構成と業務を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  3. (日) 医療の安全を確保する為の各種文書,マニュアル,掲示について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  4. (日) 医療の安全を確保する為に,医療スタッフが習得すべき知識,技術について説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  5. (日) 歯科医療で起こりやすい院内感染とその予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  6. (日) 医療事故の概念について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  7. (日) 歯科医療で起こりやすい医療事故について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  8. (日) 保存修復系で起こりやすい医療事故について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  9. (日) 小児歯科や矯正歯科で起こりやすい医療事故について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  10. (日) 口腔外科系で起こりやすい医療事故について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  11. (日) 高齢者で起こりやすい医療事故について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  12. (日) 医薬品投与に際して起こりやすい医療事故について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  13. (日) 医療機器の不具合や誤操作で起こりやすい医療事故について,原因や予防法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  14. (日) 患者側からの苦情や訴訟について適切な対応法を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
計画 必須
  1. (日) 医療法:安全管理

    内容 推奨
    1. (日) 改正医療法第6条の内容

    担当者 必須

    (日) 河野

    計画毎の目標 推奨 1
    授業回数 任意
  2. (日) 医療法

    内容 推奨
    1. (日) 安全管理責任者,リスクマネジメント

    担当者 必須

    (日) 河野

    計画毎の目標 推奨 2
    授業回数 任意
  3. (日) 医療法

    内容 推奨
    1. (日) 各種文書,マニュアル,掲示

    担当者 必須

    (日) 河野

    計画毎の目標 推奨 3
    授業回数 任意
  4. (日) 医療法

    内容 推奨
    1. (日) 安全管理の為の講習会

    担当者 必須

    (日) 河野

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意
  5. (日) 医療法:院内感染防止

    内容 推奨
    1. (日) B型・C型肝炎,AIDS,MRSA

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 5
    授業回数 任意
  6. (日) 医療事故:概念,

    内容 推奨
    1. (日) インシデント,ヒヤリハット

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 6
    授業回数 任意
  7. (日) 医療事故:保存修復系の事故

    内容 推奨
    1. (日) 誤飲,誤嚥,残存,迷乳,破折

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 7,8
    授業回数 任意
  8. (日) 医療事故:小児・矯正歯科系の事故

    内容 推奨
    1. (日) 咬傷,窒息,潰瘍

    担当者 必須

    (日) 尾崎

    計画毎の目標 推奨 9
    授業回数 任意
  9. (日) 医療事故:口腔外科系の事故

    内容 推奨
    1. (日) 神経損傷,誤抜,内出血

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 10
    授業回数 任意
  10. (日) 医療事故:高齢者の事故

    内容 推奨
    1. (日) 誤嚥性肺炎,転倒

    担当者 必須

    (日) 松山

    計画毎の目標 推奨 11
    授業回数 任意
  11. (日) 医療事故:医薬品の事故

    内容 推奨
    1. (日) 誤薬,過剰,蓄積

    担当者 必須

    (日) 松山

    計画毎の目標 推奨 12
    授業回数 任意
  12. (日) 医療事故:医療機器の事故

    内容 推奨
    1. (日) 爆発,巻き込み

    担当者 必須

    (日) 松山

    計画毎の目標 推奨 13
    授業回数 任意
  13. (日) 接遇,患者とのトラブル:インフォームドコンセント

    内容 推奨
    1. (日) 問診,説明義務,セカンドオピニオン

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 14
    授業回数 任意
  14. (日) 接遇,患者とのトラブル:苦情

    内容 推奨
    1. (日) 投書,自費診療,第三者,損害保険

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 14
    授業回数 任意
  15. (日) 接遇,患者とのトラブル:訴訟

    内容 推奨
    1. (日) 民事,刑事,弁護士

    担当者 必須

    (日) 伊賀

    計画毎の目標 推奨 14
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 評価は筆記試験により行い, 100点満点で60点以上のものを合格とする.

再評価 推奨

(日) 行う.

教科書 推奨
  1. (日) 最新歯科衛生士教本「歯科診療補助論」医歯薬出版 2007年

  2. (日) 必要に応じてプリントを配布する.

参考資料 任意
  1. (日) 「一から学ぶ歯科医療安全管理」海野,小谷,渋井,森崎編集 2005年(医歯薬出版)

  2. (日) 「歯科衛生士のヒヤリ・ハットの事例と対策」松田,鈴木監修 2006年(口腔保健協会)

  3. (日) 「医療安全学」熊谷編集 2005年(医療科学社)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) 伊賀 弘起(iga@dent.tokushima-u.ac.jp/5F口腔保健学科・教授室/633-7963)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金 16:00-18:00

  2. 河野 文昭([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
    オフィスアワー 推奨
  3. (日) 尾崎 和美 (ozaki@dent.tokushima-u.ac.jp/5F口腔保健学科・第2研究室/633-9309)
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金 16:00-18:00

  4. 松山 美和([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔機能管理学])
    オフィスアワー 推奨
科目コード 推奨
備考 任意