徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/医学細胞生物学・人類遺伝学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217261
EOID
563294
Map
0
LastModified
2011年3月7日(月) 17:37:26
Operator
東條 成彬
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部歯学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Human Genetics / (日) 医学細胞生物学・人類遺伝学 / (読) いがくさいぼうせいぶつがく じんるいいでんがく
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.歯学部.歯学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 片桐 豊雅(副理事 (研究支援担当)/先端酵素学研究所長)
    肩書 任意
  2. 親泊 政一([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    肩書 任意
  3. 小迫 英尊([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
    肩書 任意
  4. 坂井 隆志
    肩書 任意
  5. 真板 宣夫
    肩書 任意
  6. 高橋 永一([徳島大学.医科学教育部]/[徳島大学.歯学部.歯学科])
    肩書 任意
  7. 谷上 信([徳島大学.医科学教育部]/[徳島大学.歯学部.歯学科])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 1.医科学における遺伝学及び細胞生物学の基本的概念を習得する. 2.遺伝子発現調節機構がどのように個体発生や疾患に関与するかを解説する. 3.細胞内シグナル伝達ネットワークにおける蛋白質の翻訳後修飾(リン 酸化・ユビキチン化・SUMO化など)の役割について解説する. 4.静的なゲノム一次配列情報を基にどのような動的な蛋白質や機能 的RNA(小分子RNAやノンコーディングRNAなど)の多様性が生み出されるかを解説する. 5.疾患感受性や薬剤感受性などのヒトゲノムの多様性から個別化医療についても解説する.

概要 必須

(日) 1953年にワトソン・クリックによりDNAの二重らせん構造が解明され,そのわずか50年後の2003年,ヒトゲノム全塩基配列が決定された.その結果,ヒトの蛋白質をコードする遺伝子の数は従来の予測を大きく下回り22000-23000個程度であり,線虫(約19000個),ショウジョウバエ(約20000個)と比較してもほとんど変わらないことがわかった.これは,遺伝子以外のゲノム領域が重要な役割を有することを意味するものである.近年,ヒトゲノムの大部分が転写されていることがわかり,その98%以上がノンコーディングRNAという蛋白質へ翻訳されずに機能するRNAであることが発見され,これまでの「DNA→RNA→蛋白質」という古典的なセントラルドグマでは説明のつかない複雑な分子機構が存在することもわかってきている.また,蛋白質の翻訳後修飾の変化が,細胞内シグナル伝達および細胞機能制御に極めて重要であることも明らかとなっている.さらに,塩基配列決定に関するテクノロジーの発展により,膨大なヒトゲノムの多様性のデータベース化が進み,遺伝学的多様性が疾患の罹患性や治療効果にどのように影響しているかも明らかになり,個別化医療が着目されてきている.このように,ヒトゲノム情報科学は将来の生命科学の基盤となり,細胞生物学や情報科学などの周辺科学や産業などの社会へ大きく影響するものである.

授業テーマ 必須
キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 必須
  1. (日) 講義,スライド

授業場所 必須

(日) 月曜2時限 第3講義室

注意 推奨

(日) 試験は学生便覧の歯学部規則を満たしている者に対して行う.

目標 必須
計画 必須
  1. (日) 疾患の遺伝学 :

    内容 必須
    1. (日) ヒトの遺伝性疾患(特に腫瘍の遺伝学)

    担当者 必須

    (日) 片桐

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  2. (日) 〃

    内容 必須
    1. (日) 分子病理学(遺伝子的変化と臨床表現型の関連)

    担当者 必須

    (日) 片桐

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  3. (日) 〃

    内容 必須
    1. (日) 分子レベルからみるがん診断研究

    担当者 必須

    (日) 片桐

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  4. (日) 医学細胞生物学1

    内容 必須
    1. (日) タンパク質のリン酸化を介した細胞内での情報伝達機構

    担当者 必須

    (日) 小迫

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  5. (日) 医学細胞生物学2

    内容 必須
    1. (日) 肝がん発症の分子機構(主にNF-kB経路を中心として)

    担当者 必須

    (日) 坂井

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  6. (日) 医学細胞生物学3

    内容 必須
    1. (日) ユビキチン及びSUMOによるタンパク質の翻訳後修飾

    担当者 必須

    (日) 真板

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  7. (日) 遺伝子発現 :

    内容 必須
    1. (日) 転写調節

    担当者 必須

    (日) 親泊

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  8. (日) 〃

    内容 必須
    1. (日) 転写後調節

    担当者 必須

    (日) 親泊

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  9. (日) 〃

    内容 必須
    1. (日) 翻訳後修飾

    担当者 必須

    (日) 親泊

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  10. (日) 細胞遺伝学 :

    内容 必須
    1. (日) 遺伝的多様性と染色体Ⅰ

    担当者 必須

    (日) 高橋

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意 1
  11. (日) 細胞遺伝学

    内容 必須
    1. (日) 遺伝的多様性と染色体Ⅱ

    担当者 必須

    (日) 高橋

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  12. (日) ゲノム解析学

    内容 必須
    1. (日) ゲノム解析学の基礎

    担当者 必須

    (日) 谷上

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  13. (日) 〃

    内容 必須
    1. (日) ヒトのゲノム解析(先天性疾患の解析)

    担当者 必須

    (日) 谷上

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  14. (日) 〃

    内容 必須
    1. (日) モデル動物のゲノム解析(QTL解析)

    担当者 必須

    (日) 谷上

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
  15. (日) 〃

    内容 必須
    1. (日) ゲノム薬理学,遺伝病の治療

    担当者 必須

    (日) 谷上

    計画毎の目標 必須
    授業回数 任意
評価 必須

(日) 毎回レポートにより判定,100点満点で60点以上を合格とする.出席率が2/3以上を満たさない者は原則としてレポート提出を認めない.

再評価 必須

(日) 行う.

教科書 必須
  1. (英) Genes Benjamin Lewin Oxford University Press

  2. (英) Developmental Biology Scott F.Gilbert Sinauer

  3. (英) Molecular Cell Biology Lodish et al. Scientific American BookS

  4. (英) Molecular Biology of the Cell Alberts et al Garland

  5. (英) Genetics in MedicineRobert L Nussbaum et al.Thompsons and Thompsons

  6. (英) (

    (日) (それぞれ日本語訳もでています.図書館にもあります.)

  7. (日) ヒトの分子遺伝学第3版 メディカルサイエンスインターナショナル

URL 任意
連絡先 必須
  1. 片桐 豊雅(副理事 (研究支援担当)/先端酵素学研究所長)
    オフィスアワー 必須
  2. 親泊 政一([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    オフィスアワー 必須
  3. 高橋 永一([徳島大学.医科学教育部]/[徳島大学.歯学部.歯学科])
    オフィスアワー 必須
  4. 谷上 信([徳島大学.医科学教育部]/[徳島大学.歯学部.歯学科])
    オフィスアワー 必須
  5. 小迫 英尊([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
    オフィスアワー 必須
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 日程等の詳細については別途通知する.