徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/社会福祉援助技術現場実習指導

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217241
EOID
559168
Map
0
LastModified
2011年2月16日(水) 11:29:22
Operator
羽田 勝
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.歯学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 歯学部口腔保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (日) 社会福祉援助技術現場実習指導 / (読) しゃかいふくしえんじょぎじゅつげんばじっしゅうしどう
形態 必須
  1. 実習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 羽田 勝
    肩書 任意
    役割 任意 授業責任者
  2. 竹内 祐子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.地域医療福祉学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健福祉学講座])
    肩書 任意
    役割 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 社会福祉施設・機関での現場実習の意義を理解し,実習施設に応じた事前の準備や心構えを習得することで現場実習を実効性のあるものとすることを目的とする.

概要 必須

(日) 実習の準備段階から終了まで手順に基づく指導や助言を行い,実習施設及び専門職としての社会的使命や倫理について教授する.さらに「実習をさせていただく学生」としてあるべき態度・心構えを教授し,授業で学んだ知識・技術を実践に生かせるように指導する.実習終了後には振り返り・報告会の授業を実施する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
授業方法 推奨
  1. (日) 実習形式(視聴覚教材,プリントを適宜用いる) グループワーク

  2. (日) 社会福祉援助技術現場実習の施設終了ごとにふり返りと報告会行う.

授業場所 必須

(日) 共通講義室

注意 推奨

(日) 社会福祉援助技術現場実習指導の授業では授業計画の「内容」の欄に各講義事項のキーワードを掲載している. ①受講者は各回のキーワードについて事前に予習して理解した内容を簡潔に纏めること. ②受講者は毎回受講後に学習成果を基にキーワードについて再度内容を簡潔に纏めること. また予習時の内容と復習時の内容を比較して学習成果を確認すること. ③試験は全講義数の2/3以上の出席を満たしている者に対して行う. ④予習,復習をすることが出席評価に含まれる.

目標 必須
  1. (日) 社会福祉援助技術現場実習の意義や内容を説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  2. (日) 実習施設にあった,実習目標を立てられる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  3. (日) 実習中の注意点・心構えを説明できる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  4. (日) 実習施設の選定をし,事前学習・事前訪問を行う.

    目標のカリキュラム関連 任意
  5. (日) 相談援助の専門職として求められる資質,技能,倫理を身につける.

    目標のカリキュラム関連 任意
  6. (日) 実習記録の記載ができる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  7. (日) 実習内容の発表ができる.

    目標のカリキュラム関連 任意
  8. (日) 実習終了後の振り返りにより,学生一人一人が課題を見出せる.

    目標のカリキュラム関連 任意
計画 必須
  1. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 実習指導オリエンテーション

    2. (日) 実習スケジュール説明

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 1
    授業回数 任意
  2. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 実習指導オリエンテーション

    2. (日) 実習スケジュール説明

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 1
    授業回数 任意
  3. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 社会福祉実習の意義

    2. (日) 実習に対する心構え

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 3
    授業回数 任意
  4. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 社会福祉実習の意義

    2. (日) 実習に対する心構え

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 3
    授業回数 任意
  5. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) アルバイト・ボランティア・実習の違いについてグループ討論および全体発表(KJ法)

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 1
    授業回数 任意 2
  6. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 実習指定施設の現状や課題の把握

    2. (日) 職員の専門性を理解する

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5
    授業回数 任意
  7. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 実習指定施設の現状や課題の把握

    2. (日) 職員の専門性を理解する

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5
    授業回数 任意
  8. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):オリエンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 学生の立場と果たすべき役割・権利の説明

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 3,5
    授業回数 任意 2
  9. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 個別面談による実習先希望調査と学生の関心との関係を確認

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 2
    授業回数 任意 2
  10. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習先の選定

    2. (日) 実習の目的及び内容の確認

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意
  11. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習先の選定

    2. (日) 実習の目的及び内容の確認

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意
  12. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習先への事前訪問オリエンテーション

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意 2
  13. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習施設概況表作成

    2. (日) 実習計画書の作成指導

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意
  14. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習施設概況表作成

    2. (日) 実習計画書の作成指導

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意
  15. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習計画書作成

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 2,4
    授業回数 任意 2
  16. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習施設事前訪問

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意 2
  17. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) ハラスメントへの対応

    2. (日) ハイリスク利用者へのかかわりと感染対策

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 3
    授業回数 任意
  18. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) ハラスメントへの対応

    2. (日) ハイリスク利用者へのかかわりと感染対策

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 3
    授業回数 任意
  19. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習予備体験報告書作成

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4,6
    授業回数 任意 2
  20. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習予備体験に関する個人面談

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4,5
    授業回数 任意 2
  21. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習予備体験後分野別グループ討議・全体発表

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意 2
  22. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習指導者説明会(高齢者福祉分野)

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意 2
  23. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習指導者説明会(障害者福祉分野)

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意 2
  24. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習指導者説明会(児童福祉分野)

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意 2
  25. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):事前準備(Ⅰ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習指導者説明会(医療機関)

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 4
    授業回数 任意 2
  26. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):実習ふりかえり(Ⅰ),事前準備(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習記録の記載方法演習

    2. (日) 実習に向けて注意事項再確認・巡回指導説明

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5,6
    授業回数 任意 2
  27. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅰ):実習ふりかえり(Ⅰ),事前準備(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習目標・課題達成度・実習記録内容確認

    2. (日) 個人面談

    3. (日) 中間報告会準備

    4. (日) 中間報告会

    5. (日) 後半の実習に向けての準備(必要書類・注意事項・後半の課題等再準備および再確認)

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5,6,7,8
    授業回数 任意 10
  28. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):帰校日

    内容 推奨
    1. (日) 健康状態・不安等の確認

    2. (日) プログラム確認

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5
    授業回数 任意 8
  29. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):実習ふりかえり(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) 日誌等必要書類の提出・日数・時間数・欠勤等確認

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 8
    授業回数 任意 2
  30. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):実習ふりかえり(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習のまとめ・報告書・お礼状の記載方法説明

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5,6,8
    授業回数 任意 2
  31. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):実習ふりかえり(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習全体のまとめ作成

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5,6,8
    授業回数 任意 2
  32. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):実習ふりかえり(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習報告書作成

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 5,6,8
    授業回数 任意 2
  33. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):実習ふりかえり(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) お礼状作成

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 2
    授業回数 任意 2
  34. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):実習ふりかえり(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) (グループ)実習計画・内容の報告,実習体験の分かち合い(印象に残ったこと・困難・良かった経験等),価値観の揺らぎ・自己覚知の話し合い

    2. (日) (個人面談)グループで報告した内容,疑問・問題意識の確認,個人評価と教員評価,今後の学習課題の確認

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 7,8
    授業回数 任意 8
  35. (日) 社会福祉援助技術現場実習指導(Ⅱ):実習ふりかえり(Ⅱ)

    内容 推奨
    1. (日) 実習報告会準備

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 7
    授業回数 任意 4
  36. (日) まとめ:ふり返りとプレゼンテーション

    内容 推奨
    1. (日) 実習報告会

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 7
    授業回数 任意 6
  37. (日) まとめ:

    内容 推奨
    1. (日) 実習報告集作成

    担当者 必須

    (日) 竹内

    計画毎の目標 推奨 1~8
    授業回数 任意 4
評価 必須

(日) 授業への出席状況,態度およびレポートにより総合的に評価する.評価は100点満点で60点以上を合格とする.

再評価 推奨

(日) 行わない

教科書 推奨
  1. (日) 五訂 社会福祉実習 中央法規出版

参考資料 任意
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 羽田 勝
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

  2. 竹内 祐子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.地域医療福祉学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健福祉学講座])
    オフィスアワー 推奨

    (日) 月∼金17:00∼18:00

科目コード 推奨
備考 任意