徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/生物化学実習4

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217191
EOID
574111
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 20:26:59
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 薬学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Practice of Biochemistry 4 / (日) 生物化学実習4 / (読) せいぶつかがくじっしゅう
形態 必須
  1. 実習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 福井 裕行
    肩書 任意
  2. 水口 博之
    肩書 任意
  3. 堀尾 修平
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 生物化学実習4(薬理学)の目的は講義で学ぶ薬物に関する知識を,実際に手を動かして実験することにより,生きた知識として体感することにある.薬物の投与・適用により生体あるいは摘出組織標本に起こる生理学的・生化学的な変化を観察し,さらにこれまでに修得してきた知識を駆使し,その奥に介在するメカニズムを推論する能力を身につけて欲しい.そのためにも実習に臨むにあたって薬理学はもちろん生理学,解剖学,生化学領域の基礎知識と背景が充分に理解されていなくてはならない.また本実習では,PCRの原理・手法を学ぶとともにテーラーメイド医療(個別化医療)に欠かすことのできないSNP(一塩基多型)に関する基礎知識についても学ぶ.

概要 必須

(日) 実験動物,および摘出組織標本を用い,各種薬物の作用を観察し,その効果を測定し,作用機序について学ぶ.

カリキュラム関連 必須

(日) 薬学モデル・コアカリキュラムC-13-(1,2) に相当

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 推奨

(日) 薬理学の講義で学んだ知識をもとにして,実際に動物・組織を相手に手を動かして実習を行なうことにより,生きた薬理学を体感し,薬に関する理解を深めてほしい.

目標 必須
  1. (日) 代表的な実験動物を適正に取り扱うことができる.

    小目標 任意
  2. (日) 実験動物での代表的な薬物投与法を実施できる.

    小目標 任意
  3. (日) 中枢神経に作用する代表的な薬物の効果を測定できる.

    小目標 任意
  4. (日) 自律神経系に作用する代表的な薬物の効果を測定できる.

    小目標 任意
  5. (日) 知覚神経,運動神経に作用する代表的な薬物の効果を測定できる.

    小目標 任意
  6. (日) PCRの原理・手法およびSNPについて説明ができる.

    小目標 任意
計画 必須
  1. (日) 各実習項目の目的・意義の解説と実験動物・実験器具の取り扱い法を説明した後,小グループに分かれて各実習項目を学習する.

    内容 任意
評価 必須

(日) 実習態度,レポートの内容,実習試験の成績で評価する.

再評価 必須

(日) 実施する.

教科書 必須
  1. (日) 実習用テキストを配布します,竹内・福井・栗原編「薬理学-医薬品の作用-」廣川書店,7600円+税

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) (研究室)薬学部・分子情報薬理学教室(本館3階東)
    (Eメールアドレス)hfukui@ph.tokushima-u.ac.jp,guchi003@ph.tokushima-u.ac.jp,horio@ph.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 推奨

    (日) 随時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) .