徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/生物化学実習1

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217188
EOID
574099
Map
0
LastModified
2011年4月7日(木) 20:26:47
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 薬学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Practice of Biochemistry 1 / (日) 生物化学実習1 / (読) せいぶつかがくじっしゅう
形態 必須
  1. 実習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.薬学部.薬学科]/薬学科/[学士課程]
  2. 2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 吉村 好之
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 生命活動の担い手であるタンパク質,酵素について理解するために,その構造,性状,代謝についての基本的知識を修得し,それらを取り扱うための基本的技能を身につける.

概要 必須
カリキュラム関連 必須

(日) 薬学モデル・コアカリキュラムC-9-(3) に相当

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 推奨

(日) 積極的に質問して下さい.実習中に,あるいは実習終了後でも教員室を訪ね疑問点を解決してください.

目標 必須
  1. (日) 【タンパク質の構造と機能】

    小目標 任意
    1. (日) タンパク質の主要な機能を列挙できる.

    2. (日) タンパク質の一次,二次,三次,四次構造を説明できる.

  2. (日) 【酵素】

    小目標 任意
    1. (日) 酵素反応の特性を一般的な化学反応と対比させて説明できる.

    2. (日) 酵素を反応様式により分類し,代表的なものについて性質と役割を説明できる.

    3. (日) 酵素反応における補酵素,微量金属の役割を説明できる.

    4. (日) 酵素反応速度論について説明できる.

    5. (日) 代表的な酵素活性調節機構を説明できる.

    6. (日) 代表的な酵素の活性を測定できる.

  3. (日) 【タンパク質の取扱い】

    小目標 任意
    1. (日) タンパク質の定性,定量試験法を実施できる.

    2. (日) タンパク質の分離,精製と分子量の測定法を説明し,実施できる.

    3. (日) タンパク質のアミノ酸配列決定法を説明できる.

計画 必須
  1. (日) 講義,操作説明

    内容 任意
  2. (日) ゲルろ過クロマトグラフィーによるタンパク質の分離

    内容 任意
  3. (日) 電気泳動による分子量の測定

    内容 任意
  4. (日) 酵素活性の測定,酵素量

    内容 任意
  5. (日) 酵素活性の測定,基質濃度

    内容 任意
  6. (日) 酵素活性の測定,阻害剤の影響

    内容 任意
  7. (日) 実習試験

    内容 任意
評価 必須

(日) 実習試験,レポート,出席日数によって評価する.

再評価 必須

(日) 実施しない

教科書 必須
  1. (日) 薬学部で作成した実習書,参考書:カラー生化学(西村書店)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) (研究室)薬学部3階 医薬品機能解析学研究室
    (Eメールアドレス)yosimura@ph.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 推奨

    (日) 講義開催日の12時-13時

科目コード 推奨
備考 任意