徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/創製薬学3

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
217137
EOID
572356
Map
0
LastModified
2011年4月6日(水) 22:01:17
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.薬学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 薬学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Developmental Pharmacy 3 / (日) 創製薬学3 / (読) そうせいやくがく
形態 必須
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.薬学部.創製薬科学科]/創製薬科学科/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 伊藤 孝司([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.統合医薬創製科学系.創薬生命工学])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 1
目的 必須

(日) ポストゲノム時代における生命科学を基盤とした疾患の発症メカニズムの解析法と新しい概念に基く医薬品開発のアプローチを理解でき,21世紀の創薬を担う研究者の視点を養うことを目的とする.

概要 必須

(日) トゲノムDNA の全塩基配列の解読が完了し,ゲノム情報を利用して,ファンクショナルゲノミクス,プロテオミクス,グライコミクス,メタボロミクスなどの新しい生命科学分野が発展している.本講義では,新しい手法に基く疾患の発症・進展メカニズムの研究について解説するとともに,ゲノム創薬をはじめ,細胞工学,抗体工学,RNA 工学,糖鎖工学,再生工学などの先端技術の医薬品開発への応用について講述するとともに,基本原理を理解するための演習を行う.

カリキュラム関連 必須

(日) 薬学モデル・コアカリキュラムC17( 3 ) に相当

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 推奨

(日) ポストゲノム時代に入り,生命科学は益々急速に発展しています.創薬の基盤となる疾患の発症・進展の分子機構の解明に基づく,医薬品開発のための先端技術を紹介し,将来の創薬研究者・技術者をめざす学生諸君の一助になれば幸いです.本講義を足がかりとして自ら興味をもった分野の知識を積極的に吸収してください.

目標 必須
  1. (日) 遺伝情報と疾患発症の分子メカニズム

    小目標 任意
    1. (日) ヒトゲノムの構造と多様性について説明できる.

    2. (日) ヒト遺伝子の発現メカニズムについて概説できる.

    3. (日) 突然変異とその導入法について概説できる.

    4. (日) PCR法とその応用について説明できる.

    5. (日) プロテオームとその解析技術について概説できる.

  2. (日) ゲノム創薬とファンクショナルゲノミクス

    小目標 任意
    1. (日) ゲノム創薬と分子標的の探索法について概説できる.

    2. (日) 遺伝子改変細胞・動物の作製法について説明できる.

    3. (日) 遺伝子改変動物を用いた医薬品の評価について説明できる.

  3. (日) 疾患関連遺伝子と創薬

    小目標 任意
    1. (日) 代表的な疾患(がん,糖尿病,代謝異常症など)の原因または関連遺伝子について説明できる.

    2. (日) 疾患の原因または関連遺伝子情報に基く医薬品の開発例を列挙し,説明できる.

  4. (日) 先端生命科学技術と創薬

    小目標 任意
    1. (日) 遺伝子組換え体医薬品の特色と応用例について説明できる.

    2. (日) 抗体医薬と応用例について説明できる.

    3. (日) 糖鎖工学について概説できる.

    4. (日) 遺伝子治療の原理と方法について概説できる.

    5. (日) RNA 工学とその応用例について説明できる.

    6. (日) 幹細胞工学と再生移植治療法について概説できる.

計画 必須
  1. (日) ヒト遺伝子・ゲノムの構造と多様性について・演習1 核酸の構造と機能

    内容 任意
  2. (日) ヒト遺伝子発現のメカニズム・演習2 遺伝子クローニング

    内容 任意
  3. (日) 突然変異と遺伝子疾患・演習3 cDNAクローニング

    内容 任意
  4. (日) PCR法の原理と応用・演習4 突然変異の導入法

    内容 任意
  5. (日) プロテオミクスに基づく疾患解析・演習5 ヒト遺伝子型の同定

    内容 任意
  6. (日) がんと遺伝子1・演習6 タンパク質のプロセシング

    内容 任意
  7. (日) がんと遺伝子2・演習7 がん遺伝子

    内容 任意
  8. (日) がんの分子標的薬・演習8 がん抑制遺伝子(櫻井 純)

    内容 任意
  9. (日) 遺伝子組換え医薬品・演習9 酵素阻害剤のデザイン

    内容 任意
  10. (日) 糖鎖工学とリソソーム酵素欠損症治療薬 演習10 タンパクの大量生産法

    内容 任意
  11. (日) 抗体医薬品・演習11 組換え酵素の機能改変

    内容 任意
  12. (日) 遺伝子改変細胞・動物の作製法と応用・演習12 抗体分子の特徴と多様性

    内容 任意
  13. (日) 遺伝子改変動物を用いた医薬品の評価・演習13 遺伝子改変細胞の作製法

    内容 任意
  14. (日) 遺伝子治療の原理と方法 演習14 遺伝子改変動物の作製法と応用

    内容 任意
  15. (日) 幹細胞工学と再生移植治療法への応用 演習15 遺伝子治療の原理と方法

    内容 任意
  16. (日) 期末試験

    内容 任意
評価 必須

(日) 毎回,講義時間内に行う演習問題の解答を提出していただきます.出席と学期末試験の結果から成績を評価します.

再評価 必須

(日) 実施します.

教科書 必須
  1. (日) 分子細胞生物学第5版 Lodish, et al. 東京化学同人

URL 任意
連絡先 推奨
  1. (日) (研究室)薬科学教育部・創薬生命工学(環境生物工学)分野(医薬創製教育研究センター2階)
    (Eメールアドレス)kitoh@ph.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 推奨

    (日) 特に指定はしません.質問等はE- メールで受け付け,必要があれば面談します.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 平成21年度以降開講予定