徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/マルチメディア伝送工学特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216889
EOID
624642
Map
[2010/マルチメディア伝送工学特論]
LastModified
2011年12月22日(木) 15:08:02
Operator
島本 隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Multimedia Communication Theory and Technology / (日) マルチメディア伝送工学特論 / (読) まるちめでぃあでんそうこうがくとくろん
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 得重 仁
    肩書 任意
  2. 宋 天([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) This class provides the knowledge necessary to understand fundamental technics for multimedia information and communication systems, such as coding method of multimedia data, information security, network security, user authentication, cryptology

(日) マルチメディア情報蓄積/通信システムのための基盤技術(マルチメディアデータのディジタル符号化,情報セキュリティ,ネットワークセキュリティ,個人認証,暗号理論)を理解する.

概要 必須

(英) This lecture is focused on multimedia communication theory and technology. Particulary, Internet Technology, Computer Networks, Satellite Communications, Information Security and Cryptology, Multimedhia Coding Theory and Its Applications are explained in this lecture.

(日) コンピュータネットワーク,衛星通信,および記録蓄積系を含む情報通信システム上での音声,画像,テキスト等の符号化方式,伝送方式,情報セキュリティ,特に個人認証および暗号理論について講述する.また,各種マルチメディア情報通信システムの開発技術について講述する.

キーワード 推奨
  1. (英) Internet technology / (日) インターネット
  2. コンピュータネットワーク(computer networks)
  3. (英) satellite communications / (日) 衛星通信
  4. 情報セキュリティ(information security)
  5. (英) multimedia coding theory / (日) マルチメディア符号化
先行科目 推奨
  1. 電気電子システム創生工学特別演習([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/電気電子システム創生工学特別演習])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 特になし

注意 任意
目標 必須
  1. (英) fundamental technics for multimedia information and communication systems can be learned

    (日) マルチメディア情報蓄積/通信システムのための基盤技術の理解

  2. (英) Development method for multimedia information and communication systems can be learned

    (日) マルチメディア情報蓄積/通信システムの開発技術の理解

計画 必須
  1. (英) Multimedia Communication Theory and Technology

    (日) マルチメディア情報通信システムの概要

  2. (英) Coding Theory for Multimedia data (1)

    (日) マルチメディアデータのディジタル符号化(1)

  3. (英) Coding Theory for Multimedia data (2)

    (日) マルチメディアデータのディジタル符号化(2)

  4. (英) Coding Theory for Multimedia data (3)

    (日) マルチメディアデータのディジタル符号化(3)

  5. (英) Digital data Transmission (1)

    (日) デジタルデータ伝送 (1)

  6. (英) Digital data Transmission (2)

    (日) デジタルデータ伝送 (2)

  7. (英) Cryptology (1)

    (日) 暗号理論 (1)

  8. (英) Cryptology (2)

    (日) 暗号理論 (2)

  9. (英) Cryptology (3)

    (日) 暗号理論 (3)

  10. (英) Information Security

    (日) 情報セキュリティ

  11. (英) Network Security (1)

    (日) ネットワーク·セキュリティ (1)

  12. (英) Network Security (2)

    (日) ネットワーク·セキュリティ (2)

  13. (英) Contents Protection for Maltimedia Data

    (日) コンテンツ保護技術

  14. (英) User Authentication

    (日) 個人認証

  15. (英) Digital Signature

    (日) 電子署名

  16. (英) Assignment

    (日) レポート

評価 必須

(英) Assignments count 100%.

(日) 授業最終日に課すレポートで評価する

再評価 必須
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (英) Printed synopsises of lecture are distributed.

    (日) 資料を配布する.

参考資料 推奨
  1. (英) To be introduced in the class.

    (日) 講義中に紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 得重 仁
    オフィスアワー 任意
  2. 宋 天([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です