徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/表面機能学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216855
EOID
547370
Map
[2010/表面機能学]
LastModified
2010年12月28日(火) 16:18:36
Operator
森賀 俊広
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Surface Science and Technology / (日) 表面機能学 / (読) ひょうめんきのうがく
形態 推奨
  1. ポートフォーリオ
コース 必須
  1. 2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 森賀 俊広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    肩書 任意
  2. 村井 啓一郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) The purpose of this class is to understand the basic characteristics of surface and bulk and their differences, which are necessary in developing new material science.

(日) 表面とバルクの特徴と違いを理解し,それぞれの特長を生かした材料の材料設計·材料評価法について理解する.

概要 必須

(英) This class will introduce surface structures and surface phenomena, governing the physical properties of cunbustion catalysts, electrode materials for fuel cell, transparent conducting materials, phosphors and oxynitrides for photocatalysts, and fundamentals of surface modifications for advanced functional materials.

(日) 燃焼触媒,燃料電池用電極,透明導電性酸化物,蛍光体,光触媒酸窒化物半導体などの物性発現に重要な役割を果たしている表面構造·表面現象を講義し,それらの機能の開発と応用及び評価方法,材料設計法について,最近の研究事例を交えながら講述する.

キーワード 推奨
  1. (英) bulk / (日) バルク / (読) ばるく
  2. (英) surface / (日) 表面 / (読) ひょうめん
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 界面化学 (surface chemistry)
    [キーワード] 界面特性 (surface properties)
    [キーワード] 咬合参照面 (occlusal reference surface)
    [キーワード] 表面 (surface)
    [キーワード] 表面張力 (surface tension)
    [キーワード] 表面プラズモンポラリトン (surface plasmon polariton)
    [キーワード] フェルミ面 (Fermi surface)
    [キーワード] 表面の改質 (表面の改質)
  3. (英) photocatalyst / (日) 光触媒 / (読) ひかりしょくばい
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 光触媒 (photocatalyst)
  4. (英) transparent conducting oxide / (日) 透明導電性酸化物 / (読) とうめいどうでんせいさんかぶつ
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 透明導電性酸化物 (transparent conducting oxide)
    [キーワード] 透明導電性酸化物 (transparent conducting oxides/->キーワード[透明導電性酸化物])
  5. (英) solid oxide fuel cell / (日) 固体酸化物型燃料電池 / (読) こたいさんかぶつがたねんりょうでんち
  6. (英) phosphor / (日) 蛍光体 / (読) けいこうたい
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 酸化的リン酸化 (oxidative phosphorylation)
    [キーワード] 蛋白質脱リン酸化 (protein dephosphorylation)
    [キーワード] リン (phosphorus)
    [キーワード] リン酸化 (phosphorylation)
  7. (英) X-ray photoelectron spectroscopy / (日) X線光電子分光法 / (読) えっくすせんこうでんしぶんこうほう
  8. (英) X-ray absorption fine structure / (日) X線吸収微細構造 / (読) えっくすせんきゅうしゅうびさいこうぞう
先行科目 推奨
  1. 材料物性([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/材料物性])
    必要度 任意 0.250000
  2. 材料プロセス工学([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/材料プロセス工学])
    必要度 任意 0.250000
  3. 材料科学([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/材料科学])
    必要度 任意 0.250000
  4. 材料科学特論([2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/材料科学特論])
    必要度 任意 0.250000
関連科目 推奨
  1. 化学機能創生特別演習([2011/[環境創生工学専攻.化学機能創生コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/化学機能創生特別演習])
    関連度 任意 0.500000
  2. 化学機能創生特別研究([2006/他専攻,他コース])
    関連度 任意 0.500000
要件 任意

(英) Nothing special.

(日) 特になし

注意 任意

(英) Reports should be submitted within two weeks after the assignment.

(日) レポート課題は2週間以内に提出すること.授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

目標 必須
  1. (英) To understand the outline of materials in which their surface structures and surface phenomena are effectively used.

    (日) 表面構造·表面現象を利用した材料の概略を理解する.

計画 必須
  1. (英) Orientation

    (日) オリエンテーション

  2. (英) Recent topics on metal oxynitrides for photocatalysts -1-

    (日) 光触媒金属酸窒化物に関する最近の事例 (1)

  3. (英) Recent topics on metal oxynitrides for photocatalysts -2-

    (日) 光触媒金属酸窒化物に関する最近の事例 (2)

  4. (英) Recent topics on transparent conducting oxides thin films -1-

    (日) 透明導電性酸化物薄膜に関する最近の事例 (1)

  5. (英) Recent topics on transparent conducting oxides thin films -2-

    (日) 透明導電性酸化物薄膜に関する最近の事例 (2)

  6. (英) Recent topics on transparent conducting oxides thin films -3-

    (日) 透明導電性酸化物薄膜に関する最近の事例 (3)

  7. (英) Recent topics on X-ray spectroscopy -1-

    (日) X線分光法に関する最近の事例 (1)

  8. (英) Recent topics on X-ray spectroscopy -2-

    (日) X線分光法に関する最近の事例 (2)

  9. (英) Recent topics on X-ray spectroscopy -3-

    (日) X線分光法に関する最近の事例 (3)

  10. (英) Recent topics on phosphors for white LEDs -1-

    (日) 白色LED用蛍光体に関する最近の事例 (1)

  11. (英) Recent topics on phosphors for white LEDs -2-

    (日) 白色LED用蛍光体に関する最近の事例 (2)

  12. (英) Recent topics on conbustion catalysts -1-

    (日) 燃焼触媒に関する最近の事例 (1)

  13. (英) Recent topics on conbustion catalysts -2-

    (日) 燃焼触媒に関する最近の事例 (2)

  14. (英) Recent topics on electrode materials for fuel cells -1-

    (日) 電極材料に関する最近の事例 (1)

  15. (英) Recent topics on electrode materials for fuel cells -2-

    (日) 電極材料に関する最近の事例 (2)

  16. (英) Final reports, dissertational defense

    (日) 最終レポート,試問

評価 必須

(英) Assignment counts 100% based on the reports submitted and on the result of dissertational defense.

(日) 各回に課すレポートおよび最終口頭試問の結果をもって評価する.

再評価 必須
対象学生 任意 他学科学生も履修可能
教科書 必須
  1. (英) To be announced in the class.

    (日) 講義中に紹介する.

参考資料 推奨
  1. (英) To be announced in the class.

    (日) 講義中に紹介する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 森賀 俊広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です