徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/光物性工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216840
EOID
550295
Map
[2011/光物性工学]
LastModified
2011年1月6日(木) 11:13:08
Operator
原口 雅宣
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Optical propertics of materials / (日) 光物性工学 / (読) ひかりぶっせいこうがく
形態 推奨
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.環境創生工学専攻.エコシステム工学コース]/[博士前期課程]
担当教員 必須
  1. 原口 雅宣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) To understand the princeple of optical response of atoms, melecules and crystals. To develop ability to apply such optical phenomena to applications.

(日) 光物性の中心的課題である原子·分子の光学現象や結晶·欠陥の光学現象の本質を量子力学をベースに理解し,そのような光学現象を工学·技術に進展させる能力を育成する.

概要 必須

(英) With quantum mechanics, we lecture optical process of materials. This course will cover the following topics: optical propaties of materials for enegineering, classical electromagnetic theory and optical property, optical transitions and optical process of atoms, molecules and semiconductors.

(日) 量子力学の力をかりて,物質と光の相互作用という観点から物質の光学的性質を講述する.本科目は,工業に関する科目である.主なトピックスは次の通りである. 1.光物性工学の今日と明日 2.電磁気学で考える光物性 3.物質系の量子力学 4.物質と光の相互作用 5.原子·分子の光学過程 6.半導体の光学過程

キーワード 推奨
  1. 量子力学(quantum mechanics)
  2. (英) condensed matter
  3. (英) optical process
  4. 半導体(semiconductor)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. フォトニックデバイス([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース]/[博士前期課程]]/[2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/フォトニックデバイス])
    関連度 任意
  2. 光機能材料·光デバイス論1([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース]/[博士前期課程]]/->授業概要[2010/光機能材料·光デバイス論1])
    関連度 任意
要件 任意

(英) Students should have fundamental knowledges of quamtum mechanics.

(日) 量子力学の基本的な知識があること.

注意 任意

(日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

目標 必須
  1. (英) Students can explain the optical processes of atoms and molecules.

    (日) 原子や分子の光学過程について説明ができる.

  2. (英) Students can explain the optical processes in semiconductors.

    (日) 半導体の光学過程について説明ができる.

計画 必須
  1. (英) Introduction

    (日) イントロダクション

  2. (英) Optical response described by classical electro-magnetic theory

    (日) 電磁気学で考える光物性

  3. (英) Schroedinger equation and wave fuction

    (日) シュレーディンガー方程式と波動関数

  4. (英) Hydrogen atom model

    (日) 水素原子モデル

  5. (英) spin angular momentum

    (日) スピン角運動量

  6. (英) Quantum mechanics of light

    (日) 電磁波の光子数表示

  7. (英) Transition induced by interaction between electron state and light

    (日) 相互作用による状態間遷移

  8. (英) Light absorption and emittion

    (日) 光の吸収と放出

  9. (英) Electron transition in atoms and molecules

    (日) 原子や分子の電子遷移

  10. (英) Optical spectra of atoms and molecules

    (日) 原子や分子の光スペクトル

  11. (英) Optical spectra of organic molecules

    (日) 有機分子の光スペクトル

  12. (英) Energy bands in condensed matters

    (日) 固体のエネルギーバンド

  13. (英) Optical processes in semiconductors

    (日) 半導体の光学過程

  14. (英) Optical spectra of impurity atoms in a crystall

    (日) 結晶内不純物原子の光スペクトル

  15. (英) Optical process of P-N junction

    (日) pn接合の光学過程

  16. (英) Final Examination

    (日) 期末試験,試験問題の解説

評価 必須

(英) Activity: 20%, Reports: 40% and Final Exam.:40%

(日) 取り組み状況(20%),レポート(40%),期末試験(40%)により評価する.

再評価 必須
対象学生 任意
教科書 必須
  1. (日) 中澤,鎌田著,光物性·デバイス工学の基礎,培風館1999

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 原口 雅宣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です