徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/電力系統電磁環境特論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216792
EOID
556402
Map
[2010/電力系統電磁環境特論]
LastModified
2011年1月24日(月) 18:15:13
Operator
川田 昌武
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Power System Electromagnetic Compatibility / (日) 電力系統電磁環境特論 / (読) でんりょくけいとうでんじかんきょうとくろん
形態 推奨
  1. 講義形式とポートフォーリオ形式の併用
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 川田 昌武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    肩書 任意
  2. 下村 直行([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) 1. To give the students understanding of the characteristics of electromagnetic compatibility in nature. 2. To give the students understanding of the characteristics of electromagnetic field generated from power system and the effect on biological system 3. To give the students understanding of the mechanisms of electromagnetic field generated from power system, the mitigation and the detection method. . 4. To improve the presentation skill of students by presenting the latest transaction or journal papers in this filed in English.

(日) 1.自然界の電磁環境の諸特性を理解する. 2.電力系統から発生する電磁界の諸特性,生体への影響について理解する. 3.電力系統からの電磁界の発生機構と,そのミティゲーション法について理解する. 4.最新の論文を調査し,英語による口頭発表を実施することにより,発表能力の向上を目指す.

概要 必須

(英) Characteristics of artificial electromagnetic fields of DC, extremely low frequency (ELF) and high frequency (HF) arising from power systems are quantitatively explained as well as those of the fields from natural environments. Associate Prof. Shimomura gives lectures on how the electromagnetic fields are produced by power systems and on the management (characterization, reduction & mitigation and public education) of ELF electric and magnetic fields. Associate Prof. Kawada gives lectures on how the high frequency electromagnetic fields are produced by power systems and on the detection of VHF and UHF electromangetic waves.

(日) 電力系統の電磁環境については低周波から高周波までを対象にして,その能動的·受動的影響の視点から,その特性,生体·社会的影響,ミティゲーション法等について講述する. (下村直行准教授)電力系統から発生する電磁界の発生機構,その特性,生体·電気電子回路·社会影響,そのミティゲーション法について講義する. (川田昌武准教授)電力系統から発生する高周波電磁界の発生機構,その検出方法について論述する.

キーワード 推奨
  1. 電力工学(electrical power engineering)
  2. 電磁環境(electromagnetic compatibility/->キーワード[電磁環境工学])
  3. 生体電磁気(bioelectromagnetics)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 電力エネルギー工学特論([2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]]/->授業概要[2010/電力エネルギー工学特論])
    関連度 任意
要件 任意

(英) Understanding of electromagnetic compatibility

(日) 電磁環境工学一般について理解していること.

注意 任意
目標 必須
  1. (英) To understand the characteristics of electromagnetic compatibility in nature.

    (日) 自然界の電磁環境の諸特性を理解する.

  2. (英) To understand the characteristics of electromagnetic field generated from power system and the effect on biological system

    (日) 電力系統から発生する電磁界の諸特性,生体への影響について理解する.

  3. (英) To understand the mechanisms of electromagnetic field generated from power system, the mitigation and the detection method. .

    (日) 電力系統からの電磁界の発生機構と,ミティゲーション法,検出法について理解する.

計画 必須
  1. (英) EMC in nature 1 (Electric field)

    (日) 自然界の電磁環境1(電界)

  2. (英) EMC in nature 2 (Magnetic field)

    (日) 自然界の電磁環境2(磁界)

  3. (英) Characteristics of power system EMC 1 (Electric field)

    (日) 電力系統の電磁環境の諸特性1(電界)

  4. (英) Characteristics of power system EMC 2 (Magnetic field)

    (日) 電力系統の電磁環境の諸特性2(磁界)

  5. (英) Characteristics of low frequency electromagnetic field generated from power system 1

    (日) 電力系統から発生する低周波電磁界の諸特性1

  6. (英) Characteristics of low frequency electromagnetic field generated from power system 2

    (日) 電力系統から発生する低周波電磁界の諸特性2

  7. (英) Effect of low frequency electromagnetic field generated from power system on biological system 1

    (日) 電力系統から発生する低周波電磁界の生体影響1

  8. (英) Effect of low frequency electromagnetic field generated from power system on biological system 2

    (日) 電力系統から発生する低周波電磁界の生体影響2

  9. (英) Mechanisms of electromagnetic field generated from power system.

    (日) 電力系統からの電磁界の発生機構

  10. (英) Coupling mechanisms of electromagnetic field and biological system

    (日) 電磁界と生体の関係

  11. (英) Analysis method between electromagnetic field and biological system

    (日) 電磁界と生体の解析法

  12. (英) Social effects on electromagnetic field generated from power system

    (日) 電力系統から発生する電磁界の社会的影響

  13. (英) Mechanisms of the high frequency electromagnetic field generated from power system 1

    (日) 電力系統から発生する高周波電磁界の発生機構1

  14. (英) Mechanisms of the high frequency electromagnetic field generated from power system 2

    (日) 電力系統から発生する高周波電磁界の発生機構2

  15. (英) Method to detect the high frequency electromagnetic field generated from power system

    (日) 電力系統から発生する高周波電磁界の検出方法

  16. (英) Conclusion of power system EMC

    (日) 電力系統電磁環境特論まとめ

評価 必須

(英) Assignment 50%, Presentation 50%. Totally 60% is required.

(日) レポート50% プレゼンテーション50% 合格には60%以上が必要.

再評価 必須
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (英) printed material

    (日) 印刷資料

参考資料 推奨
  1. (英) D.F.Warne, Electrical Power Engineer's Handbook, Newnes

  2. (英) J.Patrick Reilly, Applied Bioelectricity, Springer

  3. (英) IEEE Trans on "Energy Conversion", "Power Delivery", "Electromagnetic Compatibility", and "Dielectrics and Electrical Insulation"

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 川田 昌武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) Language: Engli

    (日) 言語:英語

  2. (英) Self-study:Preparation 2 hours and review 2 hours for every class (2hours) .

    (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です