徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/情報集積設計学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216700
EOID
598213
Map
[2011/情報集積設計学]
LastModified
2011年8月8日(月) 15:18:05
Operator
島本 隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 先端技術科学教育部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Integrated Information System Design / (日) 情報集積設計学 / (読) じょうほうしゅうせきせっけいがく
形態 推奨
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース]/[博士後期課程]
担当教員 必須
  1. 福見 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    肩書 任意
  2. 島本 隆([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(英) The aim of this lecture is to master the modern design technologies of very large scale integrated circuits.

(日) この講義の目的はVLSIの最新の設計手法を習得することです.

概要 必須

(英) Very large scale integrated circuit (V-LSI) design and production method. Using CAD technology, VLSI logic design, testing and fabrication are explained. Design of high-speed algorithm and parallel distributed processing system. Neural network and genetic algorithm for integrated circuit design.

(日) 高速情報処理のアルゴリズムを集積回路で実現するために,論理設計,システム設計,大規模システム構成法およびシステムLSIの設計と製造法に関して講述する.とくに,ニューラル·ネットワークなどの並列·分散型情報処理の集積回路設計に関しても講義する. さらに,CADを適用してVLSIを設計する方法に関して講義する. (福見 稔教授)並列·分散型情報処理の代表例としてニューラル·ネットワークの構成と集積回路設計法を講義し,その応用に関しての講義も担当する. (島本 隆教授)ニューラル·ネットワークや遺伝的アルゴリズムなどを適用した最適化高速アルゴリズムの構成と高密度集積回路(VLSI)の設計法を講義し,さらに,CADの応用に関しての講義を担当する.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(英) It is necessary to get the unit of the mos integrated circuits in master cource.

(日) 博士前期課程で集積回路工学の単位を取得している必要がある.

注意 任意

(英) In order to get the unit of this lecture, the grduate cource students should have learned the-state-of-the-art of the modern hardware technology, especially C-MOS integrated circuits.

(日) この講義を受講するには,最新のC-MOS集積回路の知識を学んでいることが必要です.

目標 必須
  1. (英) This lecture is desighned to provide engineers and scientists with an introduction to the fieled of VLSI neurocomputing.

    (日) この講義は工学者と科学者がVLSIニューロ·コンピューティングの基礎的な知識を習得することを目標とする.

計画 必須
  1. (英) Embedded software architecture

    (日) 組み込みソフトウエアのアーキテクチュア

  2. (英) Real-time schedure method

    (日) リアル·タイム スケヂューリング 手法

  3. (英) System description language

    (日) システム記述言語

  4. (英) Application specific integrated circuits

    (日) 特定用途の集積回路

  5. (英) Power consumption and speed of very large scale integrated circuits

    (日) VLSIの消費電力と速度

  6. (英) Shared memory and communication mrthod

    (日) 共有メモリと通信手段

  7. (英) Cash memory and main memory

    (日) キャッシュ·メモリと主記憶メモリ

  8. (英) System modeling and documentation

    (日) システムのモデリングとドキュメンテーション

  9. (英) Partitioning and performance

    (日) 集積回路システムの分割と性能

  10. (英) deta flow graph and finite state machine

    (日) データ·フロー グラフと有限状態機械

  11. (英) Behavior description language and Spec C

    (日) 動作記述言語とSpec C

  12. (英) Control deta-flow graph and function synthesis

    (日) 制御のデータ·フロー グラフと機能合成

  13. (英) Neural computing board diagram using EEPROM-style programmable synapses

    (日) EEPROM型プログラム可能シナップスを用いるニューロ·コンピューチングダイアグラム

  14. (英) Layout patern example

    (日) レイアウト·パターンの例

  15. (英) Gate-sizing wiring and timing driven

    (日) ゲート·サイジングとタイミング·ドリブン

  16. (英) Boundary scan and delay estimation

    (日) バウンダリ·スキャン概略とディレイ見積もり

評価 必須

(英) Unit evaluation contains test and design of VLSI

(日) 試験と集積回路の設計で単位の認定を行う.

再評価 必須

(英) Report of the system design is necessary to get unit.

(日) 単位取得のためにシステム設計レポートを課す.

JABEE合格 不用

(英) No relation to the JABEE estimation

(日) JABEE評価とは無関係

JABEE関連 不用

(英) This lecture is situated without JABEE estimation

(日) JABEE評価には関係ありません.

対象学生 任意 他学科,他学部学生も履修可能
教科書 必須
  1. (英) Hardware Annealing in Analog VLSI Neurocomputing, Kluer Academic Publishers

    (日) システムLSI設計, STARC編集

参考資料 推奨
  1. (英) Electronics Circuits, written by Norio Akamatsu

    (日) 赤松則男著;エレクトロニクス回路

URL 任意 http://titan.is.tokushima-u.ac.jp/~fukumi
連絡先 推奨
  1. 福見 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    オフィスアワー 任意
  2. 島本 隆([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) Lecturer will show the schedule of this lecture and design technologies.

    (日) 講義と設計のスケジュールは個別に相談して下さい.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です