徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/高分子化学2

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216528
EOID
574131
Map
[2010/高分子化学2]
LastModified
2011年4月7日(木) 20:31:32
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Polymer Chemistry 2 / (日) 高分子化学2 / (読) こうぶんしかがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 右手 浩一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    肩書 任意 教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(日) 導電性・光機能性・生分解性・生体適合性などの機能性高分子材料を合成する方法として重要なリビング重合法,遷移金属触媒重合法の基礎的概念と歴史的発展の経緯,最新の動向について学ぶ.

概要 必須

(日) アニオン開始剤,カチオン開始剤および遷移金属触媒による付加重合と開環重合の基礎を平易に解説する(テキスト第2章2.4節∼2.6節).また,高分子の特異性に基づいた機能性の発現とそのメカニズム,先端的なマテリアルサイエンスへの応用例について,各回の講義の中でふれる(テキスト第5章∼第6章).

キーワード 推奨
  1. イオン重合(ionic polymerization)
  2. (英) polymerization catalized by organometallic compounds / (日) 遷移金属触媒重合 / (読) せんいきんぞくしょくばいじゅうごう
  3. リビング重合(living polymerization)
  4. (英) ring-opening polymerization / (日) 開環重合 / (読) かいかんじゅうごう
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 開環重合 (ring-opening polymerization)
  5. 機能性高分子(functional polymer)
先行科目 推奨
  1. 高分子化学1([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/高分子化学1])
    必要度 任意 0.800000
  2. 合成高分子([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2010/合成高分子])
    必要度 任意 0.800000
関連科目 推奨
  1. 有機化学4([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/有機化学4])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 「高分子化学1(昼間コース)」または「合成高分子(夜間主コース)」の履修を前提にして講義を行うが,本科目を先に履修してもよい.

注意 任意

(日) 教科書に沿って講義を行うので,必ず購入すること.

目標 必須
  1. (日) モノマーの構造と反応性の関係を知り,重合反応のメカニズムを理解する.

  2. (日) 高分子の機能と分子構造の関係について理解する.

計画 必須
  1. (日) 機能性高分子入門(授業の概要,機能性高分子とは何か)

  2. (日) イオン重合1(ビニルモノマーの構造と反応性,イオン重合の特徴)

  3. (日) イオン重合2(アニオン重合の開始剤と開始反応,成長反応)

  4. (日) イオン重合3(アニオンリビング重合とその応用)

  5. (日) イオン重合4(カチオン重合)

  6. (日) イオン重合5(開環重合)

  7. (日) 遷移金属触媒重合1(チーグラー・ナッタ触媒の発見,エチレンの重合)

  8. (日) 遷移金属触媒重合2(プロピレンの立体特異性重合)

  9. (日) 遷移金属触媒重合3(ジエンの重合,アセチレンの重合と導電性ポリマー)

  10. (日) 遷移金属触媒重合4(メタロセン触媒の発見,開環メタセシス重合)

  11. (日) 重付加(エポキシ樹脂とポリウレタン)

  12. (日) 高分子反応

  13. (日) グラフトおよびブロック共重合体の合成

  14. (日) 高性能高分子材料と機能性高分子材料

  15. (日) これまでの講義のまとめ

  16. (日) 期末試験

評価 必須

(日) 授業への取り組み姿勢およびレポートを50%,期末試験を50%として評価を行い,100点満点中60点以上を合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) 本学科教育目標(A:○),(B:◎)に対応する.

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 伊勢典夫他著「新高分子化学序論」化学同人

参考資料 推奨
  1. (日) 佐藤恒之他著「高分子化学」朝倉書店

  2. (日) 竹本喜一著「機能性高分子」朝倉書店

URL 任意 http://poly.chem.tokushima-u.ac.jp/
連絡先 推奨
  1. (日) 化学生物棟406号室,088-656-7402, ute@chem.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意

    (日) 特に指定しない.在室の際に適宜応対する.

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 特に無し.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です