徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/物質機能化学演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216357
EOID
556408
Map
[2010/物質機能化学演習]
LastModified
2011年1月24日(月) 18:38:24
Operator
吉田 健
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Exercises in Physicochemistry / (日) 物質機能化学演習 / (読) ぶっしつきのうかがくえんしゅう
形態 不用
  1. 演習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 吉田 健([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    肩書 任意
  2. 倉科 昌([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 1. 基礎物理化学で学習した内容で,理解が不十分なところを演習を通して復習する 2. 基礎物理化学で学習した内容の理解を,演習を通して更に深める

概要 必須

(日) 基礎物理化学で学習した内容を元にした演習問題を解いた後,その解説を行う.解説を詳細に進める際に学生への質問などを行い,理解度の確認を行う.

キーワード 推奨
  1. 熱力学(thermodynamics)
  2. 熱化学(thermochemistry)
  3. 相律(phase rule)
先行科目 推奨
  1. 物理化学序論([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/物理化学序論])
    必要度 任意
  2. 基礎物理化学([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/基礎物理化学])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 微分方程式1([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/微分方程式1])
    関連度 任意
  2. 物理化学([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/物理化学])
    関連度 任意
  3. 溶液化学([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/溶液化学])
    関連度 任意
  4. 物質機能化学実験([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/物質機能化学実験])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 基礎物理化学の履修を前提とする.また,微分方程式I,物理化学の履修が望ましい.

注意 任意

(日) 毎回の小テスト,中間テスト,定期試験とも全て成績評価対象になるので注意すること.

目標 必須
  1. (日) 気体の性質と熱力学の関係を理解する.

  2. (日) 熱力学の基本法則について理解する.

  3. (日) 熱力学の化学への応用について理解する.

計画 必須
  1. (日) 物質の状態

  2. (日) 熱力学的性質,状態方程式,臨界現象,対応状態の原理

  3. (日) 熱力学第一法則

  4. (日) Joule-Thomson効果,理想気体への適用

  5. (日) 熱化学

  6. (日) 反応熱の温度変化,結合エンタルピー

  7. (日) 中間試験

  8. (日) 熱力学第二法則

  9. (日) 熱力学温度目盛,エントロピー,GibbsエネルギーとHelmholtzエネルギー

  10. (日) Maxwellの関係式,熱力学的関係式

  11. (日) 化学ポテンシャル,熱力学第三法則

  12. (日) 状態の変化

  13. (日) 相律,相図,Clapeyron-Clausius式

  14. (日) 総復習

  15. (日) 質疑応答

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 到達目標1は,第1回∼第4回の講義が,到達目標2は,第3回∼第11回の講義が,到達目標3は第4回∼第15回の講義が関連する.到達目標が達成されているかを,試験100%(演習問題:中間テスト:期末テスト= 1 : 1 : 1の比率で合計) で評価し,合計で60%以上あれば合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) 本学科の教育目標(D: ◎)に対応する

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) アトキンス 物理化学(上) 第8版

参考資料 推奨
  1. (日) 化学便覧など

URL 任意 http://www.chem.tokushima-u.ac.jp/
連絡先 推奨
  1. 倉科 昌([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    オフィスアワー 任意
  2. 吉田 健([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 2クラスに分け,並立授業を行う.1年A:吉田助教,1年B:倉科助教.授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に1時間の予習・復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.講義ノート·小テストの解答については,倉科担当分はu-Learningシステムからdownloadして利用すること.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です