徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/複素関数論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216352
EOID
555091
Map
[2010/複素関数論]
LastModified
2011年1月21日(金) 18:53:48
Operator
島本 隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.工学基礎教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Complex Analysis / (日) 複素関数論 / (読) ふくそかんすうろん
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 香田 温人
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 複素関数論への入門講義として,複素変数関数の微分積分学を修得させる.

概要 必須

(日) 微積分で扱う対象を複素数変数の関数にまで広げ,正則関数および有理型関数の理論を展開することにより,実数の世界では困難であったある種の積分計算が複素数の立場からみると簡潔に処理されることを述べる.

キーワード 推奨
  1. 正則関数(holomorphic function)
  2. (日) 極と位数
  3. 留数定理(residue theorem)
先行科目 推奨
  1. 基礎数学/微分積分学I([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
  2. 基礎数学/微分積分学II([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 「微分積分学」の履修を前提とする.

注意 任意

(日) 時間数の制約から,複素関数の計算を修得するための必要最小限な議論を行なうので,講義内容のすべてを吸収することが理解への早道である. 日頃から予習·復習の計画を立てて勉学に勤しんでもらいたい.

目標 必須
  1. (日) 複素数,正則関数,留数などの概念の理解とその応用ができる.複素数については講義の1,2回,正則関数については3∼6回,9,10回,留数については7,8回,11∼14回が主に対応する.

計画 必須
  1. (日) 複素数,複素平面

  2. (日) オイラーの式,複素関数

  3. (日) 正則関数

  4. (日) コーシー·リーマンの関係式

  5. (日) 複素積分

  6. (日) コーシーの積分定理

  7. (日) コーシーの積分公式

  8. (日) 実積分への応用1

  9. (日) 絶対収束,ベキ級数

  10. (日) テイラー展開

  11. (日) ローラン展開

  12. (日) 極と留数

  13. (日) 留数定理

  14. (日) 実積分への応用2

  15. (日) 期末試験

  16. (日) 総括

評価 必須

(日) 授業への取組み状況,演習の回答,レポートの提出状況,小テスト等の平常点20%,期末試験80%で評価し,全体で60%以上で合格とする.

JABEE合格 任意

(日) .

JABEE関連 任意

(日) (C)[主目標]工学基礎70%,(D)専門基礎30%

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 香田·小野『初歩からの複素解析』学術図書出版社

参考資料 推奨
  1. (日) 辻正次·小松勇作『大学演習·函数論』裳華房

  2. (日) 田村二郎『解析関数(新版)』裳華房

  3. (日) 吉田洋一『函数論』岩波書店

  4. (日) 神保道夫『複素関数入門』岩波書店

  5. (日) 志賀啓成『複素解析学 I·II』培風館

URL 任意 http://math1.pm.tokushima-u.ac.jp/lecture/
連絡先 推奨
  1. 香田 温人
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です