徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/光デバイス工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216292
EOID
556546
Map
[2010/光デバイス工学]
LastModified
2011年1月25日(火) 13:16:18
Operator
酒井 士郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Photonic Devices / (日) 光デバイス工学 / (読) ひかりでばいすこうがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 酒井 士郎
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 半導体の応用分野の一つである光半導体デバイスとそれを利用するシステムにわたって基本的知識を修得することを目的とする.

概要 必須

(日) この講義では,半導体を用いた色々な光デバイスについて講義する.ここで講義するデバイスは,半導体レーザ,半導体光検出器,及び半導体撮像デバイスである.まず最初,光デバイスの基礎となる半導体工学,次に光と半導体,最後に光デバイスを学ぶ.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
  1. 電気·電子材料工学([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電気·電子材料工学])
    必要度 任意
  2. 半導体工学([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/半導体工学])
    必要度 任意
  3. 電気磁気学1·演習([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電気磁気学1·演習])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 電気・電子材料,半導体工学,電気磁気学1を履修しておくことが望ましい.

注意 任意
目標 必須
  1. (日) 光半導体デバイスの物理の基礎知識を習得する.

  2. (日) 種々の発光,受光,撮像デバイスについて理解する.

計画 必須
  1. (日) 孤立Si原子

  2. (日) 半導体のバンド

  3. (日) 半導体における電子と正孔

  4. (日) 半導体における光

  5. (日) pn接合受光デバイス

  6. (日) PIN光ダイオード

  7. (日) なだれ光ダイオード

  8. (日) 中間試験

  9. (日) 半導体における発光とLED

  10. (日) 半導体における光増幅

  11. (日) 半導体レーザ

  12. (日) MOSデバイスの基礎

  13. (日) MOSデバイスの応用

  14. (日) CCD

  15. (日) この授業で習ったことの復習

  16. (日) 試験

評価 必須

(日) 講義に対する理解力の評価は,講義への参加状況,レポートの提出状況と内容と最終試験の成績を総合して行う.平常点と定期試験の比率は40:60とする. 備考: 1.講義が終わるごとに演習問題やレポートを課す. これらにより,各授業項目の達成度を評価する.詳細は下記参照. 2.成績評価に対する平常点と試験の比率は40:60とする. 平常点には講義への参加状況,レポートの提出状況と内容を含む. 3.授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である. 4.他の授業計画(項目)を含めて授業目的の達成度は最終試験により評価する.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) (D)専門基礎30%,(E)[主目標]専門分野(物性デバイス)70%

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) プリント

参考資料 推奨
  1. (日) 末松,伊賀:光ファイバ通信入門,オーム社,2006

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 酒井 士郎
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です