徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/流れ学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216240
EOID
556641
Map
[2010/流れ学]
LastModified
2011年1月25日(火) 18:28:48
Operator
福富 純一郎
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Fluid Dynamics / (日) 流れ学 / (読) ながれがく
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 福富 純一郎
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 水と大気に囲まれて生活する我々にとって,流体の利用はかかせない. 流体の運動を力学的に理解 して人間の生活に役立てていくための基礎知識を身につけさせる.

概要 必須

(日) 流体の運動を支配する連続の式及びオイラーの運動方程式を誘導したのち,主としてポテンシャル流れについて詳しく述べ, 流体運動の理論的取扱いについて理解させる.

キーワード 推奨
  1. (英) Fluid equation of motion / (日) 流体の運動方程式
  2. (英) Ideal fluid / (日) 理想流体
  3. (英) Potential flow / (日) ポテンシャル流れ
先行科目 推奨
  1. 流体力学([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/流体力学])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 流体機械([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/流体機械])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 「流体力学」の履修を前提として講義を行う.

注意 任意

(日) 演習を行うので,講義を注意して受講すること.

目標 必須
  1. (日) 流体の運動を記述する方程式を理解する.

  2. (日) 二次元ポテンシャル流れを理解する.

  3. (日) 翼に働く揚力の発生と算出法を理解する.

  4. (日) 渦の基本的性質を理解する.

計画 必須
  1. (日) 流体運動の記述·連続の式

  2. (日) 流体の加速度·オイラーの運動方程式と境界条件,演習

  3. (日) 理想流体の流れ·渦なし流れ,演習

  4. (日) 速度ポテンシャル·二次元ポテンシャル流れ,演習

  5. (日) 循環·複素関数,演習

  6. (日) 代表的流れと複素ポテンシャル,演習

  7. (日) 二重吹出し·円筒の周りの流れ·鏡像,演習

  8. (日) 中間試験

  9. (日) ブラジウスの公式とクッタ·ジュコフスキーの定理,演習

  10. (日) 二次元ポテンシャル流れの解法,演習

  11. (日) 翼に働く揚力,演習

  12. (日) 特異点解法·差分法,演習

  13. (日) 三次元ポテンシャル流れ·渦運動,演習

  14. (日) 渦糸を持つ流れ,演習

  15. (日) 不連続面と渦層

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 講義に対する理解力の評価は,講義中に行う演習問題の提出状況とその解答,中間試験及び最終試験の成績を総合して行う.成績評価は平常点20%,中間試験40%,期末試験40%とし,60%以上を合格とする.平常点としては,演習問題の提出状況および解答内容により評価する.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】 と同一である.

JABEE関連 任意

(日) (B) に対応する.

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 大橋秀雄著「流体力学(1)」コロナ社

参考資料 推奨
  1. (日) 谷 一郎「流れ学」岩波全書

  2. (日) 今井功「流体力学(前編)」裳華房

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 福富 純一郎
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

  2. (日) 授業計画1∼8の理解度は,中間試験で達成度評価を行う.授業計画9∼15の理解度は,期末試験で達成度評価を行う.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です