徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/電力系統工学2

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216226
EOID
556425
Map
[2010/電力系統工学2]
LastModified
2011年1月24日(月) 19:20:59
Operator
川田 昌武
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Electric Power System Engineering (II) / (日) 電力系統工学2 / (読) でんりょくけいとうこうがく
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 川田 昌武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    肩書 任意 准教授([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年4月1日学校教育法施行による肩書/2007年4月初日〜)
単位 必須 2
目的 必須

(英) To help the students understand the operation of electric power system and to provide the students with the skills to analyze the problems generated in the operation of power system based on Electric Power System Engineering (1).

(日) 本講義では,電力系統の運用について理解できるようにする.また,電力系統工学1を基礎として電力系統運用時に発生する問題を解析できるようにする.

概要 必須

(英) This course presents the operation of electric power system and the principle to control of voltage and reactive power, the fault analysis, overvoltages, and insulation requirements.

(日) 本講義では,電力系統運用,電圧,無効電力調整,故障解析,過電圧,絶縁協調に関する内容を解説する.

キーワード 推奨
  1. (英) Control of Voltage and Reactive Power / (日) 電圧・無効電力調整
  2. (英) Load Flows / (日) 負荷変動
  3. (英) Fault Analysis / (日) 故障計算
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 故障計算 (fault calculation)
  4. (英) System Stability / (日) システム安定度
  5. (英) Insulation Requirements / (日) 絶縁協調
先行科目 推奨
  1. エネルギー工学基礎論([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/エネルギー工学基礎論])
    必要度 任意 0.500000
  2. 電力系統工学1([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電力系統工学1])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 回路網解析([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/回路網解析])
    関連度 任意
  2. 機器制御工学([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/機器制御工学])
    関連度 任意
  3. 計測工学([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/計測工学])
    関連度 任意
要件 任意

(英) Prerequisites: Fundamentals of Energy Engineering, Electric Power System Engineering(1)

(日) 受講条件:エネルギー工学基礎論,電力系統工学1

注意 任意

(英) .

(日) .

目標 必須
  1. (英) To understand the operation of electric power system

    (日) 電力系統運用を理解する.

  2. (英) To understand the control of voltage and reactive power

    (日) 電圧・無効電力調整を理解する.

  3. (英) To understand the fault analysis and system stability.

    (日) 故障解析,安定度を理解する.

  4. (英) To understand the overvoltages and insulation requirements

    (日) 過電圧,絶縁協調を理解する.

計画 必須
  1. (英) Introduction of Control of Voltage and Reactive Power

    (日) 電圧,無効電力調整についての導入

  2. (英) Methods of Voltage Control

    (日) 電圧調整法

  3. (英) Tap-Changing Transformers

    (日) タップ調整変圧器

  4. (英) Introduction of Load Flows

    (日) 電力潮流の導入

  5. (英) Introduction of Load Flows

    (日) 電力潮流の導入

  6. (英) Computation of Power Flows in Network

    (日) 電力網における電力潮流計算

  7. (英) Midterm Examination (evaluation of acievement 1 and 2)

    (日) 中間試験 (到達目標1,2の評価)

  8. (英) Introduciton of Complex Flows in Large Systems

    (日) 大規模電力網の電力潮流計算の導入

  9. (英) Example of Complex Flows in Large Systems

    (日) 大規模電力網の電力潮流計算の事例

  10. (英) Introduction of Fault Analysis

    (日) 故障計算の導入

  11. (英) Method of Symmetrical Components

    (日) 対称座標法

  12. (英) Types of Fault

    (日) 故障事例

  13. (英) Power in Symmetrical Componts

    (日) 対称座標法における電力の取り扱い

  14. (英) Steady-State Stability and Transient Stability, Overvoltages and Insulation Requirements

    (日) 定態安定度と過渡安定度,過電圧と絶縁協調

  15. (英) Final Examination (evaluation of acievement 2,3 and 4)

    (日) 最終試験(到達目標2,3,4の評価)

  16. (英) Explanation for the Answers to Final Examinaiton

    (日) 最終試験の解答説明

評価 必須

(英) Assignments 20%, Midterm examination 30%, Final examination 50%. Totally 60% is required. Attendance and participation in class are essential.

(日) レポート20% 中間試験30%,最終試験50% 合格には60%以上が必要. 但し,講義への出席,討論への参加は必修である.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(英) (D)30%, (E)70%

(日) (D)専門基礎30%,(E)[主目標]専門分野(電気エネルギー)70%

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (英) B.M.Weedy and B.J.Cory, Electric Power Systems, Fourth Edition, John Wiley & Sons

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 川田 昌武([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) Language: English

    (日) 言語:英語

  2. (英) Self-study:Preparation 2 hours and review 2 hours for every class (2hours) .

    (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です