徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/電気電子工学実験3

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216195
EOID
556250
Map
[2010/電気電子工学実験3]
LastModified
2011年1月24日(月) 11:55:27
Operator
島本 隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Electrical and Electronic Engineering Laboratory (III) / (日) 電気電子工学実験3 / (読) でんきでんしこうがくじっけん
形態 不用
  1. 実験
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 四柳 浩之([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    肩書 任意
  2. 敖 金平([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
    肩書 任意
  3. 川上 烈生([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
    肩書 任意
  4. 榎本 崇宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気電子システム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 実験方法や理論の基礎に関する理解を深める.各種電子計測機器の取り扱い方法を取得する.技術ドキュメントの作成に慣れる.

概要 必須

(日) より専門的な実験課題を取り扱う.その範囲はアナログ電子回路,ディジタル電子回路,マイクロ波·光を使った計測回路·通信回路に関するものである.これら科目の現象を実験を通して確認するとともに,その理解を深める.受講者はグループに別れ,課題になった実験を行い,各自実験のレポートを作成提出する.

キーワード 推奨
  1. (日) 発振回路
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 結合発振回路 (coupled oscillatory circuits)
    [キーワード] 発振回路 (electronic oscillator)
  2. (日) 能動フィルタ回路
  3. (日) 変復調回路
  4. (日) A/D,D/A変換回路
  5. (日) マイクロ波計測
  6. (日) 半導体の不純物分布測定
先行科目 推奨
  1. 電子回路([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電子回路])
    必要度 任意
  2. 通信工学([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/通信工学])
    必要度 任意
  3. マイクロ波工学([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/マイクロ波工学])
    必要度 任意
  4. 電子物性工学([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電子物性工学])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 各実験テーマについてそれぞれ下記を目標とする. 1)正弦波発振回路を設計·製作できる能力の養成および動作原理の理解 2)能動フィルタを設計·製作できる能力の養成および動作原理の理解 3)変復調回路の動作原理の理解 4)A/D変換回路,D/A変換回路の動作原理の理解 5)マイクロ波計測の基礎原理の理解およびマイクロ波デバイスの設計技術の獲得 6)C-V(容量-電圧)法を用いた半導体の不純物分布測定に関する測定原理の理解および測定技術の獲得(講義計画1-6およびレポートによる)

  2. (日) 実験課題の現象とその物理的意味を理解する(講義計画1-6およびレポートによる)

  3. (日) 実験機器を正しく操作できる(講義計画1-6およびレポートによる)

  4. (日) 作図,作表を含め,技術ドキュメントを作成できる(講義計画1-6およびレポートによる)

計画 必須
  1. (日) 正弦波発振回路:正弦波を発生する正弦波発振回路の設計·製作を行い,その回路の動作原理を理解する.

  2. (日) フィルタ回路:能動フィルタ回路の設計·製作を行い,その回路の動作原理を理解する.

  3. (日) 変復調回路:「変復調回路」の各種特性を測定し,変復調回路の動作原理とその特性について理解する.

  4. (日) A/D,D/A変換回路:アナログ信号をディジタル信号に変換する「A/D変換回路」,ディジタル信号をアナログ信号に変換する「D/A変換回路」の各種特性を測定し,それらの動作原理について理解する.

  5. (日) マイクロ波に関する実験:クライストロンを用い,その発振特性を測定することにより,マイクロ波の周波数および電力の測定法を理解する実験,あるいは,半導体マイクロ波デバイスの設計技術を取得するための計算機実験を行う.

  6. (日) C-V法による半導体不純物分布の測定:C-V(容量-電圧)法を用いた半導体の不純物分布測定に関する実験を行い,ICチップの扱い方,測定装置の使い方,測定原理を勉強する.

評価 必須

(日) 実験課題ごとに到達目標の4項目が達成されているかをレポート100%で総合的に評価し,すべての実験課題について60%以上であれば合格とする.

JABEE合格 任意

(日) .

JABEE関連 任意

(日) (E)[主目標]専門分野(電気電子システム,知能電子回路,物性デバイス)80%,(F)創成·自律20%

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 本科目担当教員の作成するテキスト

参考資料 推奨
  1. (日) 各実験内容の対応する専門科目の教科書がこれにあたる

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 四柳 浩之([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) レポートの内容によっては再提出を求められることがある.なお,電気主任技術者の資格申請に必要な科目であり,将来,本資格の取得を考えている者は受講し単位を修得しておく必要がある.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です