徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/電気数学演習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216190
EOID
555123
Map
[2010/電気数学演習]
LastModified
2011年1月21日(金) 19:30:35
Operator
島本 隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Mathematics for Electrical and Electronic Engineering / (日) 電気数学演習 / (読) でんきすうがくいえんしゅう
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 宋 天([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    肩書 任意
  2. 上手 洋子([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 電気電子工学の大部分は数式を用いて記述されている.したがって,電気電子工学を学ぶためには数学を理解し,その基礎知識を持っておくことが必須である.この講義では特に,1年後期より始まる必修科目の電気回路1·演習を学習するために必要な数学の基礎を解説する.

概要 必須

(日) 高校で学習した数学のうち,特に電気電子工学で必要となる事柄(2次関数,三角関数,微分,積分)を復習し,さらに,電気回路を学習する上で基礎となる行列,ベクトル,複素数,指数関数,三角関数,正弦波などを講義する.

キーワード 推奨
  1. (日) 高校数学の復習 / (読) こうこうすうがくのふくしゅう
  2. (日) 電気回路の基礎数学 / (読) でんきかいろのきそすうがく
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 電気回路1·演習([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電気回路1·演習])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) 高校で学習した数学の内容を復習しておくことが望ましい.

注意 任意

(日) 講義中はいつでも復習できるよう,高校数学の教科書や参考書を手元に置くことを勧める.

目標 必須
  1. (日) 高校で学習した数学のうち,特に,2次関数·三角関数·微分·積分を十分理解し,それらを用いた種々の問題を解くことができる.

  2. (日) 電気回路の基礎となる数学,特に,行列·ベクトル·複素数·正弦波等を理解し,それらに関する問題を解くことができる.

計画 必須
  1. (日) はじめに(講義内容·成績評価の説明,教科書配布等)

  2. (日) 高校数学の復習(2次関数;数I)

  3. (日) 高校数学の復習(三角関数;数II)

  4. (日) 高校数学の復習(微分法;数II)

  5. (日) 高校数学の復習(微分法の応用;数II, III)

  6. (日) 高校数学の復習(積分法;数II, III)

  7. (日) 中間試験(到達目標 1 の評価)

  8. (日) 1次関数と行列

  9. (日) 行列式と連立方程式

  10. (日) ベクトルと行列

  11. (日) 複素数と複素平面

  12. (日) 複素指数関数と三角関数

  13. (日) 正弦波,位相,実効値,合成

  14. (日) 複素正弦波

  15. (日) 期末試験(到達目標 2 の評価)

  16. (日) 期末試験の返却と解説等まとめ

評価 必須

(日) 到達目標の2項目がそれぞれ達成されているかを試験80%,平常点(演習レポート等)20%で評価し,2項目平均で60%以上あれば合格とする.

JABEE合格 任意

(日) .

JABEE関連 任意

(日) (C)[主目標]工学基礎70%,(D)専門基礎30%

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 川上,島本共著「電気回路の基礎数学-連立方程式・複素数・微分方程式-」コロナ社

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 宋 天([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    オフィスアワー 任意
  2. 上手 洋子([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に1時間の予習・復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です