徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/生産シミュレーション

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
216049
EOID
545665
Map
[2010/生産シミュレーション]
LastModified
2010年12月22日(水) 14:42:46
Operator
多田 吉宏
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) NC Machine Tools / (日) 生産シミュレーション / (読) せいさんシミュレーション
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. 多田 吉宏
    肩書 任意
  2. 溝渕 啓([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.生産工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
    肩書 任意
単位 必須 3
目的 必須

(日) 自らの発想により製作品を考え,マシニングセンター,NC 旋盤などを使って機械加工を行う際の精度,経済性などに関する問題点を考えるとともに,NC 工作機械による機械加工および生産システムの基本的考え方を習得する.

概要 必須

(日) マシニングセンター,NC 旋盤,溶接などの実習,および工具寿命から見た切削条件の選択法を実験を通して演習するとともに,加工組立における作業測定および標準時間について講義する.

キーワード 推奨
  1. (日) 機械工作
  2. (日) 工作機械
  3. (日) 作業測定
先行科目 推奨
  1. 生産加工([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2010/生産加工])
    必要度 任意 1.000000
  2. 基礎機械製図([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2010/基礎機械製図])
    必要度 任意 0.500000
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 心身ともに健康で,自他の安全に配慮できること.

注意 任意

(日) 指導員の指示に従って盲目的に作業するのではなく,研究的態度で臨むことが大切である.工作機械類を取り扱うので,指導員の注意を厳守し安全に留意すること.

目標 必須
  1. (日) 「ものづくり」におけるNC 工作機械の機能および役割を理解する.

  2. (日) 作業測定と作業標準時間設定法の基礎を理解する.

計画 必須
  1. (日) 安全教育と実習概要

  2. (日) マシニングセンター用プログラミング

  3. (日) マシニングセンターによる加工

  4. (日) NC 旋盤用プログラミング

  5. (日) NC 旋盤による加工

  6. (日) 溶接

  7. (日) 溶接部品の性能試験

  8. (日) 工具摩耗試験

  9. (日) 工具寿命線図の作成

  10. (日) 作業分析の基礎

  11. (日) 普通移動シーケンス・演習

  12. (日) 制限移動シーケンス・演習

  13. (日) 連続動作の分析・演習

  14. (日) 工具使用シーケンス・演習

  15. (日) 手動クレーンシーケンス・演習

  16. (日) 期末試験

評価 必須

(日) 実習における取組み状況10点,実習·演習レポートの内容40点,期末試験50点とし,合計60点以上を獲得した者を合格とする.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 配布資料 および 新編機械加工学(橋本文雄,山田卓郎著),共立出版.

参考資料 推奨
  1. (日) 金子著「数値制御」オーム社

  2. (日) 通産省産業構造審議会編「作業研究」日刊工業新聞社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 多田 吉宏
    オフィスアワー 任意
  2. 溝渕 啓([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.生産工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 安全マニュアルをよく読んでおくこと.工作機械を扱うため,靴を著用していない者は受講を認めない.

  2. (日) 授業を受ける際には,前半の演習では2時間の授業時間毎に1時間の予習と1時間の復習を,また後半の講義では2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をそれぞれ行うことが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です