徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/システム基礎

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
215953
EOID
556541
Map
[2010/システム基礎]
LastModified
2011年1月25日(火) 12:16:02
Operator
島本 隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Basic Theory of Systems / (日) システム基礎 / (読) しすてむきそ
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 大屋 英稔
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 制御工学を学ぶための基礎として,動的システムの表現法,および動的ステムの振る舞いを解析する方法を修得させる.

概要 必須

(日) 制御工学は,その適用範囲が電気系や機械系のみでなく,社会システムや交通システムに至るまで多岐にわたる横断的な学問である.本講義では,動的システムの表現法について述べる.次に,ブロック線図を用いてシステムの構造を記述する方法や伝達関数を用いて単位ステップ応答などの過渡応答の求め方について解説する.更に,状態方程式の解について述べた後,システムの安定性,安定判別法を紹介する.(講義形式)

キーワード 推奨
  1. 伝達関数(transfer function)
  2. 状態方程式(state equation)
  3. 過渡応答(transient response)
先行科目 推奨
  1. 電気数学演習([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電気数学演習])
    必要度 任意
  2. 基礎数学/線形代数学I([2005/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. 過渡現象([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/過渡現象])
    関連度 任意
  2. 制御理論1([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/制御理論1])
    関連度 任意
  3. 制御理論2([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/制御理論2])
    関連度 任意
要件 任意

(日) 「電気数学演習」,「線形代数学Ⅰ」の履修を前提として講義を行う.

注意 任意

(日) 原則としてすべて板書によって講義を進めるので,ノートをしっかりとること.欠席した場合,次の講義までに他の学生のノートを写させてもらっておくこと.また,予習・復習を行うこと.

目標 必須
  1. (日) システムの伝達関数表現を理解している.ラプラス変換の使用法を習得し,伝達関数,およびシステムの応答を求めることができる.

  2. (日) システムの状態方程式表現を理解している.状態方程式とその解を求めることができ,システムの安定性を判定することができる.

計画 必須
  1. (英) What is the dynamical system?

    (日) システムとはどのようなものか

  2. (英) Laplace transform and its properties

    (日) ラプラス変換とその性質

  3. (英) Solving differential equations via Laplace transform

    (日) ラプラス変換を用いた微分方程式の解法

  4. (英) Internal expression and external expression for systems

    (日) 動的システムの内部表現と外部表現

  5. (英) Transfer function and block diagram

    (日) 伝達関数とブロック線図

  6. (英) Description of linear systems by the transfer function

    (日) ブロック線図によるシステム構造の記述

  7. (英) Calculation of the transient response by the transfer functiuon

    (日) 伝達関数を用いた過渡応答の計算法

  8. (英) Examination for the first half

    (日) 前半試験

  9. (英) Eigenvalues and eigenvectors for matrices

    (日) 行列の固有値と固有ベクトル

  10. (英) State equation for dynamical systems

    (日) 動的システムの状態方程式

  11. (英) Calculation of the state transition matrix

    (日) 状態遷移行列の求め方

  12. (英) Solution of the state equation

    (日) 状態方程式の解

  13. (英) Calculation of the transient response by the state equation

    (日) 状態方程式を用いた過渡応答の計算法

  14. (英) Stability for dynamical systems

    (日) 動的システムの安定性

  15. (英) Stability criterion for dynamical systems

    (日) 動的システムの安定判別法

  16. (英) Examination for the second half

    (日) 後半試験

評価 必須

(日) 試験80%(前半試験40%,後半試験40%),平常点20%(小テスト・宿題等)で評価し,全体で60%以上あれば合格とする.補充試験を行う場合もある.

JABEE合格 任意

(日) .

JABEE関連 任意

(日) (D)[主目標]専門基礎70%,(E)専門分野30%

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 使用しない.

参考資料 推奨
  1. (日) 制御工学のテキストは数多い.伝達関数と状態方程式を両方扱っているものならば,いずれでもよい.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 大屋 英稔
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です