徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/コンピュータアーキテクチャ

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
215905
EOID
556158
Map
[2010/コンピュータアーキテクチャ]
LastModified
2011年1月23日(日) 15:59:58
Operator
佐野 雅彦
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Computer Architecture / (日) コンピュータアーキテクチャ / (読) コンピュータアーキテクチャ
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 佐野 雅彦([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 1940年代にフォン·ノイマンにより開発された現在のコンピュータは急速な進歩を遂げている. この講義ではコンピュータアーキテクチャの基本を理解し,高性能化に不可欠なアーキテクチャを修得する.

概要 必須

(日) ノイマン型のコンピュータの基本概念と,各種の方式の歴史を踏まえた上で,計算機本体を構成する基本アーキテクチャを講義する. また,高性能化のための各種方式について講義し,計算機の将来について議論する.

キーワード 推奨
  1. (英) Computer architecture / (日) コンピュータアーキテクチャ
  2. (英) Pipeline / (日) パイプライン
  3. (英) memory systems / (日) メモリシステム
先行科目 推奨
  1. マイクロプロセッサ([2011/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/マイクロプロセッサ])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. オペレーティングシステム([2011/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/オペレーティングシステム])
    関連度 任意
要件 任意
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 情報処理システムにおける既存のハードウエア及びソフトウエア技術の 特徴と問題点を理解し,今後必要とされる情報処理システム設計·構築の ための基本的概念と応用できる能力を修得する.

計画 必須
  1. (日) 計算機の歴史および性能評価法

  2. (日) 数値表現形式と演算(2,10,16進数,小数,浮動小数)

  3. (日) アーキテクチャモデル(計算のためのデータフロー)

  4. (日) 演算回路の構成(計算のロジック)

  5. (日) アドレスの概念と命令実行方式

  6. (日) CISCとRISC(その構成概念と相違点)

  7. (日) メモリインタフェイス,入出力方式

  8. (日) 中間試験

  9. (日) 記憶方式(その概念と支援ハードウエア)

  10. (日) キャッシュメモリ(代表的なキャッシュメモリの構成方式)

  11. (日) パイプライン制御(基本構造)

  12. (日) パイプライン制御の高性能化

  13. (日) 並列処理(概論と詳細)

  14. (日) 並列処理(通信網)

  15. (日) 省電力化と今後の動向

  16. (日) 定期試験

評価 必須

(日) 講義への参加状況,小テストの実施またはレポートの提出を求めると共に期末試験を実施する.小テスト(20点),中間試験(40点),定期試験(40点)とし,合計60点以上を合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意
対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 指定URLから講義資料をダウンロード

参考資料 推奨
  1. (日) 高橋義造「計算機方式」コロナ社(1985)

  2. (日) 中澤喜三郎「計算機アーキテクチャと構成方式」朝倉書店(1995)

  3. (日) 柴山 潔「コンピュータアーキテクチャの基礎」近代科学社(1993)

  4. (日) John P.Hayes「 Computer Architecture and Organization」2nd ed. McGraw-Hill (1988)

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 佐野 雅彦([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 各種の雑誌や書籍に掲載される計算機アーキテクチャを調べることが望ましい.

  2. (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をし > たうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です