徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/高電圧工学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
215890
EOID
556310
Map
[2010/高電圧工学]
LastModified
2011年1月24日(月) 13:42:44
Operator
島本 隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) High Voltage Engineering / (日) 高電圧工学 / (読) こうでんあつこうがく
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 下村 直行([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 電力分野にとどまらず,幅広い分野で不可欠な高電圧工学の基礎的知識を修得する.高電圧技術の利用·応用を学ぶ.

概要 必須

(日) 高電圧や大電流の現象は,低電圧·小電流の現象からは類推できないような場合が多く,電圧や電流の増加によって非線形に変化する現象を取り扱うところに,この科目の意義がある.また電力需要の増加だけでなくさまざまな応用分野で高電圧工学に対する要求が高まっている.講義を通して,高電圧大電流の発生,計測を述べる.応用についてはパルスパワー技術を中心に最近の高電圧·大電流応用等も紹介したい.

キーワード 推奨
  1. 高電圧(high voltage)
  2. 大電流(large current)
  3. (日) 電力機器
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 電力機器·設備 (electric power equipments and facilities)
  4. パルスパワー(pulsed power)
先行科目 推奨
  1. 電気磁気学1·演習([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電気磁気学1·演習])
    必要度 任意 0.700000
  2. 電気磁気学2·演習([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電気磁気学2·演習])
    必要度 任意 0.500000
  3. 電気回路1·演習([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/電気回路1·演習])
    必要度 任意 0.500000
  4. 過渡現象([2011/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/過渡現象])
    必要度 任意
関連科目 推奨
要件 任意

(日) 特に定めないが,電気回路,電気磁気学を始めとするさまざまな科目の知識を必要とする.

注意 任意

(日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である. 講義時間中にミニテストを行うことが多いので,予習・復習は欠かさず行うこと.

目標 必須
  1. (日) 高電圧·大電流現象の基礎現象を理解する.(1-7)

  2. (日) 高電圧·大電流の発生方法を理解する.(8-10)

  3. (日) 高電圧·大電流の計測方法,試験法を理解する.(11-13)

  4. (日) 電力応用,高電圧パルスパワー,その他高電圧·大電流の利用応用を知る.(14,15)

計画 必須
  1. (日) 高電圧工学の意義と学び方(高電圧と安全)

  2. (日) 高電圧·大電流に関連する物理現象(静電界とその計算)

  3. (日) 高電圧·大電流に関連する物理現象(荷電粒子の振る舞い)

  4. (日) 高電圧·大電流に関連する物理現象(気体の放電現象)

  5. (日) 高電圧·大電流に関連する物理現象(気体の絶縁破壊)

  6. (日) 高電圧·大電流に関連する物理現象(絶縁物の特性)

  7. (日) 高電圧·大電流に関連する物理現象(その他)

  8. (日) 前半講義のまとめと確認テスト

  9. (日) 高電圧の発生方法

  10. (日) 大電流の発生方法

  11. (日) 高電圧・大電流の発生方法(パルス)

  12. (日) 高電圧の測定

  13. (日) 大電流の測定

  14. (日) 高電圧応用(電力機器)

  15. (日) 高電圧応用(パルスパワー応用,電気集じん器等)

  16. (日) 期末試験

評価 必須

(日) 到達目標が達成されているかを試験80%(確認テスト40%,期末試験40%),平常点(ミニテスト,レポート等)20%で評価し,全体で60%以上で合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) (D)専門基礎30%,(E)[主目標]専門分野(電気エネルギー)70%

対象学生 任意 他学科学生も履修可能
教科書 必須
  1. (日) 秋山秀典編著「高電圧パルスパワー工学」オーム社

参考資料 推奨
  1. (日) 宅間薫·柳父悟著「電気学会大学講座 高電圧大電流工学」電気学会

  2. (日) 原雅則·秋山秀典著「高電圧パルスパワー工学」森北出版

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 下村 直行([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (英) .

    (日) .

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です