徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/工業英語

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
215855
EOID
558239
Map
[2011/工業英語]
LastModified
2011年2月8日(火) 18:10:47
Operator
白田 智子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•夜間主 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Communication using Technical English / (日) 工業英語 / (読) こうぎょうえいご
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース]
担当教員 必須
  1. コインカー パンカジ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.大学院理工学研究部]/[徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース.光機能材料工学講座])
    肩書 任意 特任助教([教職員.教員.本務教員]/[常勤])
単位 必須 2
目的 必須

(英) To improve students' ability to write and speak on technical subjects using English.

概要 必須

(英) This is a language course designed for engineering students. It's aim is to increase students' confidence communicating in English. The focus will be on practicing simple technical language that is commonly used in science and engineering. Vocabulary and communication techniques are introduced and explored through the use of real-life science topics. This is a practical course, which requires a high degree of student participation.

キーワード 推奨
  1. リーディング(reading)
  2. ライティング(writing)
  3. スピーキング(speaking)
  4. リスニング(listening)
先行科目 推奨
関連科目 推奨
要件 任意

(英) None

注意 任意

(英) None

目標 必須
  1. (英) The goal of this course is to increase the students' technical English vocabulary and confidence communicating in English. By the end of the course students should be able to give an oral presentation and written summary of a technical topic in English.

計画 必須
  1. (英) Course outline and self-introductions

  2. (英) Language for spatial description

  3. (英) Basic numbers in science

  4. (英) Body language and presentation practice

  5. (英) Scientific units of measurement

  6. (英) Description and cause-and-effect

  7. (英) Compare and contrast

  8. (英) Presentation techniques, and practice

  9. (英) More presentation practice

  10. (英) Definition and description

  11. (英) Structure, organization, explanation

  12. (英) Visual aids and science

  13. (英) Final presentations: assessment

  14. (英) Final presentations: assessment

  15. (英) Final presentations: assessment

評価 必須

(英) Grades will be determined by two assessments: an oral presentation (40%) and a written essay (60%) on a technical topic.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (英) Technical English 1, David Bonamy, Pearson-Longman

参考資料 推奨
  1. (英) Presenting Science (1st and 2nd editions), MacMillan Languagehouse.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. コインカー パンカジ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座]/[徳島大学.大学院理工学研究部]/[徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.光システム工学コース.光機能材料工学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) An English-Japanese dictionary is also recommended.

  2. (日) 授業を受ける際には,2 時間の授業時間毎に2 時間の予習と2 時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です