徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/計算力学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
215817
EOID
560053
Map
[2010/計算力学]
LastModified
2011年2月23日(水) 14:35:14
Operator
白田 智子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Computational Mechanics / (日) 計算力学 / (読) けいさんりきがく
形態 不用
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 大石 篤哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 今や設計はルールに基づく設計から,解析・シミュレーションに基づく設計へと変わりつつある.解析・シミュレーションによる 設計が可能となったのは,差分法や有限要素法など偏微分方程式の離散化解法を中心とする計算力学手法とコンピュータの目覚しい発展によるところが大きい.本講義では,偏微分方程式の離散化解析手法の基礎概念を詳述する.

概要 必須

(日) 最初に差分近似と差分法について解説し,次に重みつき残差法に基づく近似解法,最後に有限要素法の定式化を解説する.

キーワード 推奨
  1. 有限要素法(finite element method/->キーワード[有限要素解析])
  2. (日) 数値解法 / (読) すうちかいほう
先行科目 推奨
  1. 機械数値解析([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/機械数値解析])
    必要度 任意 1.000000
  2. 材料•構造力学([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/材料•構造力学])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 機械設計([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/機械設計])
    関連度 任意 0.500000
  2. (no caption; EID=215807)([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/CAD実習])
    関連度 任意 1.000000
  3. 設計工学([2011/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/設計工学])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) コンピュータの基本操作,プログラミング,材料力学の基礎を良く理解しておくこと.

注意 任意

(日) パソコンを利用できることが望ましい.

目標 必須
  1. (日) 差分近似と差分法について理解する.(授業計画1-5)

  2. (日) 重みつき残差法を理解する.(授業計画6-9)

  3. (日) 有限要素法の定式化を理解する.(授業計画10-15)

計画 必須
  1. (日) 1次元熱伝導問題の定式化

  2. (日) テーラー展開と差分近似

  3. (日) 1次元熱伝導問題の差分法による定式化

  4. (日) 境界条件の差分近似

  5. (日) 2次元・3次元における差分近似

  6. (日) 試験関数と重みつき残差法

  7. (日) 弱形式とガラーキン法

  8. (日) 境界条件

  9. (日) ガラーキン法の誤差

  10. (日) 区間の分割と有限要素

  11. (日) 形状関数

  12. (日) 要素間境界における連続性

  13. (日) 有限要素法の定式化

  14. (日) 要素行列と全体行列

  15. (日) 有限要素法の誤差

  16. (日) 期末試験

評価 必須

(日) 期末試験(70%)および授業への取組状況(30%)をもとに総合的に評価し60%以上を合格とする.

JABEE合格 任意

(日) 【成績評価】と同一である.

JABEE関連 任意

(日) (A)20%,(B)80%に対応する.

対象学生 任意 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能
教科書 必須
  1. (英) O.C.Zienkiewicz and K.Morgan, Finite Elements & Approximation, Dover, 2006

参考資料 推奨
  1. (日) 三好俊郎 「有限要素法入門」 培風館

  2. (日) 矢川元基・吉村忍 「有限要素法」 培風館

  3. (日) 菊地文雄 「有限要素法概説(新訂版)」 サイエンス社

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 大石 篤哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.材料科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.材料科学講座])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 数学と力学のおりなす楽しさを理解してくれたらと思う. 数学と力学を良く勉強しておいて下さい.

  2. (日) 授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をしたうえで授業を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です