徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2011/機器分析化学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
215772
EOID
554096
Map
[2010/機器分析化学]
LastModified
2011年1月20日(木) 09:05:24
Operator
薮谷 智規
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 工学部•昼間 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2011年 (平成 23年)
名称 必須 (英) Instrumentatal Analytical Chemistry / (日) 機器分析化学 / (読) ききぶんせきかがく
形態 不用
  1. 講義
コース 必須
  1. 2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]
担当教員 必須
  1. 薮谷 智規
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 試料中の目的物質および化学種を識別し,その相対量あるいは絶対量を求めるのが化学分析であり,その方法論を探究するのが分析化学である.現在,物質の同定や定量に必要不可欠である機器分析法について学習するのが機器分析化学である.本講義では基本的な機器分析手法の原理·装置·応用について習得させる.

概要 必須

(日) 分析機器は,科学の分野において,データの収集および解析に非常に重要な役割を果たしている.本講義では,それらのうち最も基本的なものについて,特に装置に用いられている分析原理と応用について述べる.さらに機器分析に関するトピックスを必要に応じて簡単に紹介する.

キーワード 推奨
  1. (日) 分析機器
  2. (日) 分光分析法
  3. (日) 電気分析法
  4. (日) クロマトグラフィー
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] クロマトグラフィ (chromatography)
先行科目 推奨
  1. 基礎分析化学([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/基礎分析化学])
    必要度 任意 1.000000
  2. 分析化学([2011/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2010/分析化学])
    必要度 任意 1.000000
関連科目 推奨
  1. 化学応用工学実験1([2008/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2007/化学応用工学実験1])
    関連度 任意 1.000000
要件 任意

(日) 基礎分析化学および分析化学の履修を前提とする.

注意 任意

(日) 電卓を必ず持参すること.予習レポートの提出と授業内で行う小テストを適宜実施する.予習レポートとは次回行う講義の概要について自身で調べて来るものであり,小テストは授業内容に関連した部分を答えるものである.なお,授業を受ける際には,2時間の授業時間毎に2時間の予習と2時間の復習をした上で授業 を受けることが,授業の理解と単位取得のために必要である.

目標 必須
  1. (日) 主な分光分析機器の測定原理と装置を理解する.

  2. (日) 分離分析機器の測定原理と装置を理解する.

  3. (日) 分析対象となる物質をどのような機器で分析できるかを判断できるようにする.

計画 必須
  1. (日) 機器分析総論

  2. (日) 光と物質の相互作用 第8章 p116-122

  3. (日) 分子分光分析 第9章 紫外可視,蛍光吸光法 p123-126

  4. (日) 分子分光分析 第9章 赤外吸収分光・ラマン分光法 p127-129

  5. (日) 原子分光分析 第10章 原子吸光法 p130-136

  6. (日) 原子分光分析 第10章 ICP発光・質量分析法 p137-140

  7. (日) 中間試験(教育目標1-3の中間評価)

  8. (日) X線構造解析第11章 X線解析の基礎 p141-150

  9. (日) X線構造解析 第11章 X線分析法の各論 p150-156

  10. (日) 磁気を用いる分析 第12章 p157-168

  11. (日) 質量分析 第13章 p169-185

  12. (日) 顕微鏡 第14章 p186-200

  13. (日) 熱分析・微小領域分析・化学センサー 第15章 p201-209

  14. (日) 機器分析のトピックス (適宜資料を配付する)

  15. (日) 機器分析のトピックス (適宜資料を配付する)

  16. (日) 定期試験(教育目標1-3の総合評価)

評価 必須

(日) 講義に対する理解力は, 講義への参加,レポートの提出状況などの「講義の理解への取り組み」ならびに「中間試験」と「定期試験」の成績を総合的に評価することによって判定される.成績評価に対する「講義への参加,レポートの提出状況と中間試験の成績」と「定期試験の成績」の割合は4:6とする.到達目標1は,第1回∼第9回の講義が,到達目標2は第11回, 13, 14回の講義が, 到達目標3は第1回∼第15回の講義が関連する.60点以上を合格とする.

JABEE合格 任意
JABEE関連 任意

(日) 本学科の学習・教育目標の(E:◎)に対応する.

対象学生 任意 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 高木誠 編著 ベーシック分析化学, 化学同人

参考資料 推奨
  1. (日) 各種の機器分析手法ごとに,数多くの解説本が出版されているので,必要に応じてそれらを参照すること.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 薮谷 智規
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意

この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です