徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [鈴木 良尚]/近田 恵美/本同 宏成/[田村 勝弘]/Effects of temperature, pressure, and pH on the solubility of triclinic lysozyme crystals/[Journal of Crystal Growth]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
215282
EOID
713403
Map
0
LastModified
2013年10月3日(木) 11:31:06
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
鈴木 良尚
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.物質機能化学(〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 鈴木 良尚([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    役割 任意

    (日) 実験と学会発表

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Konda Emi / (日) 近田 恵美 / (読) こんだ えみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hondoh Hironori / (日) 本同 宏成 / (読) ほんどう ひろのり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 田村 勝弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of temperature, pressure, and pH on the solubility of triclinic lysozyme crystals

副題 任意
要約 任意

(英) We measured the temperature dependence of the solubility, Ce, of triclinic lysozyme crystals on temperature at two pressures (0.1 and 100 MPa) and five pHs (4.3, 4.4, 4.5, 4.6, 4.7) by in situ observation of the morphological changes in the crystals. The solubility increased with increasing temperature and pressure. The enthalpies of dissolution (ΔH) decreased with increasing pressure when we used the same 50 mM sodium acetate buffer solution (pH = 4.5 at 0.1 MPa). The effects of pH on solubility were somehow complicated. Although the solubilities at pH 4.7 did not differ from those at pH 4.5, those at pH 4.3 were significantly larger than those at pH 4.5. Since the pH of an acetate buffer is known to decrease from 4.71 to 4.52 at 98.1 MPa and 25 ºC [El'yanov et al. Aust. J. Chem. 28 (1975) 933], the pH of the acetate buffer (pH 4.5 at 0.1 MPa) decreased to pH ~ 4.3 as pressure increased to 100 MPa. Thus, from the viewpoint of ``constant pH'', ΔH increased with increasing pressure, since ΔH at pH 4.3 and 0.1 MPa was smaller than that at 100 MPa. This inconsistency is probably due to the change in the hydration state in the crystal and solution with decreasing pH (from 4.5 to 4.3).

キーワード 推奨
  1. 結晶成長(crystal growth)
発行所 推奨 Elsevier Science
誌名 必須 Journal of Crystal Growth([Elsevier])
(pISSN: 0022-0248)
ISSN 任意 0022-0248
ISSN: 0022-0248 (pISSN: 0022-0248)
Title: Journal of crystal growth
Title(ISO): J Cryst Growth
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 318
必須 1
必須 1085 1088
都市 任意
年月日 必須 2011年 3月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.jcrysgro.2010.11.107    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意 000289653900238
Scopus 任意
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意