徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [平野 朋広]/Yamaoka Ryosuke/Miyazaki Takamasa/[右手 浩一]/Stereospecific Radical Polymerization of N-tert-Butoxycarbonylacrylamide in the Presence of Fluorinated Alcohols/[Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
214074
EOID
879728
Map
0
LastModified
2017年12月16日(土) 22:20:53
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
平野 朋広
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.物質変換化学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 平野 朋広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yamaoka Ryosuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Miyazaki Takamasa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 右手 浩一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Stereospecific Radical Polymerization of N-tert-Butoxycarbonylacrylamide in the Presence of Fluorinated Alcohols

副題 任意
要約 任意

(英) Radical polymerization of N-tert-butoxycarbonylacrylamide (NBocAAm) in toluene at low temperatures in the presence of the fluorinated alcohols, 2,2,2-trifluoroethanol, 1,1,1,3,3,3-hexafluoro-2-propanol, and nonafluoro-tert-butanol, afforded atactic, heterotactic, and syndiotactic polymers, respectively. NMR analysis revealed that the fluorinated alcohols formed hydrogen bonding-assisted complexes with NBocAAm, with different structures. The difference in the structures of the complexes was responsible for the differences in the induced stereospecificities. Based on the structures of the complexes between NBocAAm and the fluorinated alcohols, mechanisms for the three kinds of stereospecific radical polymerizations are proposed.

(日) N-tert-ブトキシカルボニルアクリルアミドのラジカル重合系にフッ素化アルコールを添加すると,添加するアルコールの種類によってアタクチック,ヘテロタクチックおよびシンジオタクチックポリマーが得られることを見出した.NMR解析を行ったところ,それぞれ異なる錯体を形成することが示唆されたことから,水素結合の様式の違いによって異なる錯体を形成したことが異なる立体特異性誘起の要因であることを見出した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry([John Wiley & Sons, Inc.])
(pISSN: 0887-624X, eISSN: 1099-0518)
ISSN 任意 1099-0518
ISSN: 0887-624X (pISSN: 0887-624X, eISSN: 1099-0518)
Title: Journal of polymer science. Part A, Polymer chemistry
Title(ISO): J Polym Sci A Polym Chem
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 48
必須 24
必須 5718 5726
都市 任意
年月日 必須 2010年 12月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/pola.24373    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意 000285485700009
Scopus 任意 2-s2.0-78649545608
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意