徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Javkhlan, Purevjav/[廣島 佑香]/Azlina, Ahmad/[長谷川 敬展]/[姚 陳娟]/[赤松 徹也]/[木戸 淳一]/[永田 俊彦]/[細井 和雄]/Lipopolysaccharide-mediated induction of calprotectin in the submandibular and parotid glands of mice/[Inflammation]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
213378
EOID
661923
Map
0
LastModified
2012年9月24日(月) 22:35:47
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
細井 和雄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.生体システム栄養科学部門.摂食機能制御学講座.口腔分子生理学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Javkhlan, Purevjav / (日) Javkhlan, Purevjav
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 廣島 佑香([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔微生物学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Azlina, Ahmad / (日) Azlina, Ahmad
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 長谷川 敬展([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 姚 陳娟([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 赤松 徹也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 木戸 淳一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 永田 俊彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 細井 和雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Lipopolysaccharide-mediated induction of calprotectin in the submandibular and parotid glands of mice

副題 任意
要約 任意

(英) S100A8 and S100A9 constitute a heterodimeric protein, calprotectin. The mRNAs of S100A8 and S100A9, being expressed at minimal levels in the submandibular and parotid glands (SMG and PG, respectively) of C3H/HeN mice, were induced strongly and transiently by lipopolysaccharide (LPS). Among the mRNAs of members of the S100 protein family examined, those of S100A8 and S100A9 were specifically induced by LPS in the salivary glands. The induction was assumed to be mediated via toll-like receptor 4 (TLR4), since their elevation was limited in C3H/HeJ mice, a TLR4-mutant strain. These proteins became expressed in the granular convoluted tubular cells and striated duct cells in the SMG, and in both acinar and duct cells in the PG (all in the cytoplasm). The salivary calprotectin level was not increased by LPS treatment, implying that elevated calprotectin was not secreted into the saliva and that they may function in microcellular environment of the salivary gland.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Calgranulin A
  3. (英) Calgranulin B
  4. (英) Leukocyte L1 Antigen Complex
  5. (英) Lipopolysaccharides
  6. (英) Mice
  7. (英) Parotid Gland
  8. (英) RNA, Messenger
  9. (英) Salivary Glands
  10. (英) Submandibular Gland
  11. (英) Transcriptional Activation
発行所 推奨 Springer-Verlag
誌名 必須 Inflammation([Springer-Verlag])
(pISSN: 0360-3997, eISSN: 1573-2576)
ISSN 任意 1573-2576
ISSN: 0360-3997 (pISSN: 0360-3997, eISSN: 1573-2576)
Title: Inflammation
Title(ISO): Inflammation
Supplier: Kluwer Online
Publisher: Springer US
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 34
必須 6
必須 668 680
都市 任意
年月日 必須 2011年 12月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s10753-010-9277-1    (→Scopusで検索)
PMID 任意 21125321    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Molecular Oral Physiology, Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School, 3-18-15, Kuramoto-cho, Tokushima-shi, Tokushima, 770-8504, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article