徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [林 幸壱朗]/小野 健治/鈴木 弘美/澤田 誠/守谷 誠/坂本 渉/余語 利信/Electrosprayed Synthesis of Red-Blood-Cell-Like Particles with Dual-Modality for Magnetic Resonance and Fluorescence Imaging/[Small]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
212326
EOID
803617
Map
0
LastModified
2015年12月1日(火) 16:24:48
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[副研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.先端基礎医学教育研究プロジェクト(2005年1月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.神経情報医学部門.情報統合医学講座.顕微解剖学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
著者 必須
  1. 林 幸壱朗
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ono Kenji / (日) 小野 健治 / (読) おの けんじ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Suzuki Hiromi / (日) 鈴木 弘美 / (読) すずき ひろみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sawada Makoto / (日) 澤田 誠 / (読) さわだ まこと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Moriya Makoto / (日) 守谷 誠 / (読) もりや まこと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Sakamoto Wataru / (日) 坂本 渉 / (読) さかもと わたる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Yogo Toshinobu / (日) 余語 利信 / (読) よご としのぶ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Electrosprayed Synthesis of Red-Blood-Cell-Like Particles with Dual-Modality for Magnetic Resonance and Fluorescence Imaging

副題 任意
要約 任意

(英) Red blood cells (RBCs) are able to avoid filtration in the spleen to prolong their half-time in the body because of their flexibility and unique shape, or a concave disk with diameter of some 10 μm. In addition, they can flow through capillary blood vessels, which are smaller than the diameter of RBCs, by morphing into a parachute-like shape. In this study, flexible RBC-like polymer particles are synthesized by electrospraying based on electrospinning. Furthermore, magnetite nanoparticles and fluorescent dye are encapsulated in the particles via in situ hydrolysis of an iron-organic compound in the presence of celluloses. The superparamagnetic behavior of the particles is confirmed by low-temperature magnetic measurements. The particles exhibited not only a dark contrast in magnetic resonance imaging (MRI), but also effective fluorescence. The RBC-like particles with flexibility are demonstrated to have a dual-modality for MRI and fluorescence imaging.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Cell Line, Tumor
  3. (英) Contrast Media
  4. (英) Erythrocytes
  5. 磁気共鳴映像法(magnetic resonance imaging)
  6. (英) Magnetite Nanoparticles
  7. (英) Mice
  8. (英) Microscopy, Electron, Scanning
  9. (英) Microscopy, Fluorescence
  10. ナノテクノロジー(nanotechnology)
発行所 推奨 Wiley-VCH
誌名 必須 Small([Wiley-VCH])
(pISSN: 1613-6810, eISSN: 1613-6829)
ISSN 任意 1613-6829
ISSN: 1613-6810 (pISSN: 1613-6810, eISSN: 1613-6829)
Title: Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)
Title(ISO): Small
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 6
必須 21
必須 2384 2391
都市 任意
年月日 必須 2010年 11月 5日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/smll.201000399    (→Scopusで検索)
PMID 任意 20878793    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000284016700008
Scopus 任意 2-s2.0-78349283088
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Nanomaterials Science, EcoTopia Science Institute, Nagoya University, Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8603, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article