徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [横山 正明]/[米津 隆仁]/[横山 正秋]/[安達 聡]/[久米 通仁]/[和田 明人]/[吉岡 昌美]/[日野出 大輔]/徳島県における妊婦歯科健診受診者の口腔保健の現状および低体重児出産との関連性/[口腔衛生学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
211767
EOID
686309
Map
0
LastModified
2013年5月7日(火) 10:05:48
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉岡 昌美
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 横山 正明
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 米津 隆仁([香川県歯科医師会])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 横山 正秋([徳島県歯科医師会])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 安達 聡([徳島県歯科医師会])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 久米 通仁([徳島県歯科医師会])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 和田 明人([徳島県歯科医師会])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 吉岡 昌美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 日野出 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 徳島県における妊婦歯科健診受診者の口腔保健の現状および低体重児出産との関連性

副題 任意
要約 任意

(英) Recent studies have suggested that periodontal diseases in pregnant women may be a significant risk factor for low-birth-weight deliveries (less than 2,500g). The aim of this study was to investigate the relationships between the oral health condition, health behavior of pregnant women, and low-birth-weight outcome. We performed oral examinations and conducted a survey of pregnant women to investigate their oral health status and behavior in Tokushima Prefecture. Among 739 pregnant women that received oral examinations, 454 (61.4%) reported complaints and inconvenience related to their oral cavities, 380 women (51.4%) reported gingival bleeding on brushing, while 406 women (54.9%) had teeth which needed treatment. Three hundred and one women (40.7%) harbored periodontal pockets with a depth &ge;4mm, and were assigned a Community Periodontal Index (CPI) code of 3 or 4. On the other hand, there were only 136 women (18.4%) who received regular dental checkups. The percentage of pregnant women with a CPI of 3 or 4 was higher than that of women in the same age group based on the Comprehensive Guide to the Survey of Dental Diseases (2005). The percentage of subjects with a CPI of 3 or 4 among pregnant women with a smoking habit was higher than in a group of non-smoking pregnant women (p<0.05). All pregnant women with a smoking habit had a CPI&ge;1. In addition, we examined the relationship between the oral health status of the pregnant women and a low-birth-weight outcome. Stepwise logistic regression analysis of the 227 pregnant women who signed the informed consent document for this study showed that a smoking habit (OR 5.96, 95% CI 1.16-30.53, p=0.03) and periodontal pocket depth &ge;4mm (OR 3.34, 95% CI 1.18-9.42, p=0.02) were significantly associated with low-birth-weight deliveries. In conclusion, efforts should be made to motivate pregnant women to undergo regular dental checkups for periodontal disease prevention and quit smoking.

(日) 近年,妊娠期の歯周病が低体重児出産(2,500g未満での出産)の危険因子として注目されている.徳島県では,平成17年度8020運動特別推進事業の一環として妊婦歯科健診が実施された.本研究では,妊婦歯科健診で得られた739名の健診結果ならびにアンケート結果より,妊婦の口腔保健の現状を調査した.その結果,口腔内に不満や不自由を覚える者は454名(61.4%),ブラッシング時に出血を認める者は380名(51.4%),未処置歯または楔状欠損歯を有する者は406名(54.9%),4mm以上の歯周ポケットを有する者は301名(40.7%)と高い値が示された.一方,定期的に歯科医院を受診している者は136名(18.4%)と低い値であった.さらに,産後に出生児の出生時体重を郵送法にて調査し,回答が得られた227名について,口腔保健の現状と低体重児出産との関連性について検討を行った.ロジスティック回帰分析の結果,喫煙習慣(OR 5.96, 95%CI 1.16-30.53, p=0.03)および4mm以上の歯周ポケットを有する状態(OR 3.34, 95%CI 1.18-9.42,p=0.02)が低体重児出産に有意に関連していた.今後,妊婦に対しては,歯科医院の定期受診率を上げることに加え,さらに充実した禁煙支援を含めた歯周状態の管理が必要であると考えられる.

キーワード 推奨
  1. (日) 歯周疾患指数
発行所 推奨 (英) The Japanese Society for Dental Health / (日) 有限責任中間法人日本口腔衛生学会
誌名 必須 口腔衛生学会雑誌([日本口腔衛生学会])
(pISSN: 0023-2831)
ISSN 任意 0023-2831
ISSN: 0023-2831 (pISSN: 0023-2831)
Title: Koku Eisei Gakkai zasshi
Title(ISO): Koku Eisei Gakkai Zasshi
Supplier: 有限責任中間法人日本口腔衛生学会
Publisher: Japanese Society for Dental Health
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 59
必須 3
必須 190 197
都市 任意
年月日 必須 2009年 7月 30日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008460532/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110008460532
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %D: 2009

  2. (日) %O: 原著論文/比較研究/日本語

  3. (日) %X: 近年,妊娠期の歯周病が低体重児出産(2500g未満での出産)の危険因子として注目されている.徳島県では,平成17年度8020運動特別推進事業の一環として妊婦歯科健診が実施された.本研究では,妊婦歯科健診で得られた739名の健診結果ならびにアンケート結果より,妊婦の口腔保健の現状を調査した.その結果,口腔内に不満や不自由を覚える者は454名(61.4%),ブラッシング時に出血を認める者は380名(51.4%),未処置歯または楔状欠損歯を有する者は406名(54.9%),4mm以上の歯周ポケットを有する者は301名(40.7%)と高い値が示された.一方,定期的に歯科医院を受診している者は136名(18.4%)と低い値であった.さらに,産後に出生児の出生時体重を郵送法にて調査し,回答が得られた227名について,口腔保健の現状と低体重児出産との関連性について検討を行った.ロジスティック回帰分析の結果,喫煙習慣(OR 5.96,95%CI 1.16-30.53,p=0.03)および4mm以上の歯周ポケットを有する状態(OR 3.34,95%CI 1.18-9.42,p=0.02)が低体重児出産に有意に関連していた.今後,妊婦に対しては,歯科医院の定期受診率を上げることに加え,さらに充実した禁煙支援を含めた歯周状態の管理が必要であると考えられる.(著者抄録)