徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: El-Magd Mohamed Abou Rabab/朴 煥埼/川添 僚也/岩名 沙奈恵/[小野 公嗣]/[鄭 丞弼]/宮野 元成/[頼田 和子]/[坂井 隆志]/[福井 清]/The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for a Novel Mechanism of Action in the Treatment of Schizophrenia/[Journal of Psychopharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
210737
EOID
836929
Map
0
LastModified
2016年9月27日(火) 16:07:01
Operator
福井 清
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福井 清
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 疾患酵素学研究センター(2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
著者 必須
  1. (英) El-Magd Mohamed Abou Rabab
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《Rabab Mohamed Abou El Magd Ahmed (Ahmed Magd El Abou Mohamed Rabab) @ 分子酵素学研究センター [研究生] 2005年6月〜2005年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Park Ki Hwan / (日) 朴 煥埼 / (読) ぱく はんき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《パク ハンキ (KI HWAN PARK) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2002年4月〜2006年3月》
    《朴 煥埼 (KI HWAN PARK) @ 分子酵素学研究センター [研究生] 2001年10月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Kawazoe Tomoya / (日) 川添 僚也 / (読) かわぞえ ともや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《川添 僚也 () @ 医学部 [学部学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《川添 僚也 (Kawazoe Tomoya) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《川添 僚也 () @ 医学部 [学部学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Iwana Sanae / (日) 岩名 沙奈恵 / (読) いわな さなえ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《岩名 沙奈恵 (Iwana Sanae) @ 医学部 [学部学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《岩名 沙奈恵 (Iwana Sanae) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2004年4月〜2007年3月》
    《岩名 沙奈恵 () @ 医学部 [学部学生] 2000年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 小野 公嗣
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 鄭 丞弼
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Miyano Motoshige / (日) 宮野 元成 / (読) みやの もとしげ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 頼田 和子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 坂井 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 福井 清([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Effect of Risperidone on D-Amino Acid Oxidase Activity as a Hypothesis for a Novel Mechanism of Action in the Treatment of Schizophrenia

副題 任意
要約 任意

(英) D-Amino acid oxidase (DAO) has been established to be involved in the oxidation of D-serine, an allosteric activator of the N-methyl-D-aspartate-type glutamate receptor in the brain, and to be associated with the onset of schizophrenia. The effect of risperidone, a benzisoxazole derivative, atypical antischizophrenic drug, on the activity of human DAO was tested using an in-vitro oxygraph system and rat C6, stable C6 transformant cells overexpressing mouse DAO (designated as C6/DAO) and pig kidney epithelial cells (LLC-PK1). Risperidone has a hyperbolic mixed-type inhibition, designated as `partial uncompetitive inhibition effect', with Ki value of 41 M on human DAO. Risperidone exhibited a protective effect from D-amino acid induced cell death in both C6/DAO and LLC-PK1 cells with 10% increase in viability. These data indicate the involvement of DAO activity in D-serine metabolism and also suggest a new mechanism of action to risperidone as antischizophrenic drug.

キーワード 推奨
  1. D-アミノ酸酸化酵素(D-amino acid oxidase)
  2. D-セリン(D-serine)
  3. NMDA受容体(NMDA-receptors)
  4. リスペリドン(risperidone)
発行所 推奨 British Association for Psychopharmacology
誌名 必須 Journal of Psychopharmacology([British Association for Psychopharmacology])
(pISSN: 0269-8811, eISSN: 1461-7285)
ISSN 任意 1461-7285
ISSN: 0269-8811 (pISSN: 0269-8811, eISSN: 1461-7285)
Title: Journal of psychopharmacology (Oxford, England)
Title(ISO): J. Psychopharmacol. (Oxford)
Publisher: SAGE Publications
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 24
必須 7
必須 1055 1067
都市 任意 ケンブリッジ(Cambridge/[連合王国])
年月日 必須 2010年 7月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1177/0269881109102644    (→Scopusで検索)
PMID 任意 19329549    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Enzyme Pathophysiology, The Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't