徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [廣島 佑香]/[稲垣 裕司]/[板東 美香]/[木戸 淳一]/[永田 俊彦]/著明な過剰根管充填の経過を長期観察した3症例/[日本歯科保存学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
209458
EOID
727768
Map
0
LastModified
2014年3月17日(月) 13:47:25
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
稲垣 裕司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 廣島 佑香([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔微生物学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 稲垣 裕司([徳島大学.病院.診療科.歯科.歯周病科(第二保存科)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 板東 美香([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.歯周病科(第二保存科)])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 木戸 淳一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 永田 俊彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Long-term Observation of Marked Overfilling in Root Canal Therapy : A Report of Three Cases

(日) 著明な過剰根管充填の経過を長期観察した3症例

副題 任意
要約 任意

(英) In endodontic therapy, overfilling of gutta-percha point in root canals sometimes occurs due to wrong measurement of working length and overextension of gutta-percha point. Although a slight overfilling to periapical tissues (within 2 mm past the apical foramen) is tolerable, marked overfilling should be checked by postoperative recheck radiographs and/or clinical symptoms. In this report, three clinical cases of marked overfilling are described and long-term radiographic observation (6-14 years) was continued. Overfilled gutta-percha points on the radiographic observation were 3.0 (case 1), 2.5 (case 2), and 3.5 mm (case 3) in the left maxillary molar of a 47-year-old woman, in the left mandibular molar of a 45-year-old woman, and in the left mandibular premolar of a 39-year-old woman, respectively. In case 1, an overfilled point was cut after 1.5 years and disappeared after 3.5 years, and then apical radiolucency was improved after 6 years. In case 2, overfilled points started to minimize after 3 years and disappeared after 14 years. In case 3, an overfilled point was minimized after 13 years accompanied with improvement of apical lesion. None of the cases showed any significant clinical symptoms after the overfilling. These observations are interesting to longitudinally evaluate the disappearance of overfilled gutta-percha and the improvement of apical lesion.

(日) 歯内治療において,ときどき過剰根管充填(過剰根充)に遭遇する.一般に,過剰根充は作業長の測定ミスや根充操作時のガッタパーチャポイントの根尖孔外への突き出しが主な原因であるといわれている.根尖孔から2mm以内のわずかな過剰根充であれば根尖歯周組織に為害性はないが,それ以上の著しい過剰根充の場合は,術後の症状やX線写真によるチェックを行い注意深く対応する必要がある.本報告では,X線写真上で2.5∼3.5mmのポイントの突出が認められた3症例(症例1:上顎第二大臼歯,3.0mm,症例2:下顎第一大臼歯,2.5mm,症例3:下顎第一小臼歯,3.5mm)について,最長6∼14年の経過観察を行った結果を提示した.症例1では,突出ポイントは1年5カ月後に切断され3年8カ月後に消失し,6年8カ月後に根尖透過像も改善した.症例2では,突出ポイントは3年後に縮小傾向を示し,14年7カ月後には消失しており,根尖透過像の消失,歯槽硬線の明瞭化が観察された.症例3では,突出ポイントは13年6カ月後にわずかな部分を残して,ほとんどが吸収しており,同時に根尖透過像も消失していた.臨床症状は,症例1で打診痛が長期残存したほかには特記事項はほとんど認められなかった.当該歯は現在も健常に機能している.今回の症例は,術前診断,術中術後の情報を詳細に提示しながら過剰根充されたガッタパーチャポイントの経過と根尖病巣の治癒経過を長期間追跡したものであり,過剰根充の転帰を知るうえで興味深い臨床報告である.

キーワード 推奨
  1. (英) Endodontic therapy / (日) 歯内療法
  2. (英) Overfilling / (日) 過剰根管充填
  3. (英) Radiographic diagnosis / (日) X線写真診断
発行所 推奨 (英) The Japanese Society of Conservative Dentistry / (日) 特定非営利活動法人日本歯科保存学会
誌名 必須 日本歯科保存学雑誌([日本歯科保存学会])
(pISSN: 0387-2343, eISSN: 2188-0808)
ISSN 任意 0387-2343
ISSN: 0387-2343 (pISSN: 0387-2343, eISSN: 2188-0808)
Title: 日本歯科保存学雑誌
Supplier: 特定非営利活動法人日本歯科保存学会
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE (No Scopus information.)
必須 51
必須 5
必須 485 492
都市 任意
年月日 必須 2008年 10月 31日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007151262/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110007151262
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意