徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: モハメド レダ バーバー/森 裕紀/イナス ハザー ハフェズ/[南川 慶二]/[田中 正己]/新留 啄郎/片山 佳樹/Maruyama, Atsushi/[平野 朋広]/前田 寧/[森 健]/Unusually Large Hysteresis of Temperature-Responsive Poly(N-Ethyl-2-Propionamidoacrylamide) Studied by Microcalorimetry and FT-IR/[The Journal of Physical Chemistry B]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
208321
EOID
876141
Map
0
LastModified
2017年11月28日(火) 16:50:33
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
南川 慶二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
  2. 物質変換化学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Berber, Reda Mohamed / (日) モハメド レダ バーバー / (読) もはめど れだ ばーばー
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《Mohamed Reda Ali Abdalla Berber (Berber Abdalla Ali Reda Mohamed) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2010年9月》
    《Mohamed Reda Ali Abdalla Berber () @ 工学部 [研究生] 2006年10月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Mori Hironori / (日) 森 裕紀 / (読) もり ひろのり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《森本 裕紀 (Morimoto Yuki) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《森 裕紀 () @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    《森 裕紀 () @ 工学部 [学部学生] 2000年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Hafez, Hazzaa Inas / (日) イナス ハザー ハフェズ / (読) いなす はざー はふぇず
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《Inas Hazzaa Hamed Hafez (Hafez Hamed Hazzaa Inas) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2008年10月〜2012年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 田中 正己([徳島文理大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Niidome, Takuro / (日) 新留 啄郎 / (読) にいどめ たくろう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Katayama, Yoshiki / (日) 片山 佳樹 / (読) かたやま よしき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Maruyama, Atsushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 平野 朋広([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Maeda, Yasushi / (日) 前田 寧 / (読) まえだ やすし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《前田 泰志 (Maeda Yasushi) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  11. 森 健
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Unusually Large Hysteresis of Temperature-Responsive Poly(N-Ethyl-2-Propionamidoacrylamide) Studied by Microcalorimetry and FT-IR

副題 任意
要約 任意

(英) We reported here the full characterization of the hysteresis of the phase transition behavior of an aqueous solution of poly(N-ethyl-2-propionamidoacrylamide) (PNEPA), which has a unique alpha,alpha-disubstituted structure, by using microcalorimetry and FT-IR. Phase transition temperatures near the thermodynamic equilibrium were determined by extrapolating the scanning rate of the microcalorimetry to zero. The calculated hysteresis from the phase transition temperature was unusually very large (approximately 8 degrees C). FT-IR analysis indicated that the large hysteresis of PNEPA resulted from a coupling of intra-/intermonomeric unit hydrogen bonds, which is known to occur in a beta-sheet of proteins but has never been reported in temperature-responsive polymers. The effects of the molecular weight and polymer concentration on the hysteresis were studied by using fractionated PNEPAs and it was found that a low molecular weight and a low concentration enhanced the hysteresis.

キーワード 推奨
  1. (英) Acrylic Resins
  2. (英) Calorimetry
  3. (英) Hydrogen Bonding
  4. (英) Molecular Weight
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 分子量 (molecular weight)
  5. (英) Phase Transition
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 相転移 (phase transition)
  6. (英) Polymers
  7. (英) Spectroscopy, Fourier Transform Infrared
  8. (英) Temperature
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 温度 (temperature)
    [キーワード] 高温超伝導体 (high temperature superconductor)
    [キーワード] 熱力学的絶対温度 (thermodynamical absolute temperature)
  9. (英) Thermodynamics
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 熱力学 (thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第1法則 (first law of thermodynamics)
    [キーワード] 熱力学第2法則 (second law of thermodynamics)
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Physical Chemistry B([アメリカ化学会])
(pISSN: 1520-6106, eISSN: 1520-5207)
ISSN 任意 1520-5207
ISSN: 1520-6106 (pISSN: 1520-6106, eISSN: 1520-5207)
Title: The journal of physical chemistry. B
Title(ISO): J Phys Chem B
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 114
必須 23
必須 7784 7790
都市 任意
年月日 必須 2010年 6月 17日
URL 任意
DOI 任意 10.1021/jp102681q    (→Scopusで検索)
PMID 任意 20499912    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000278479900011
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Life System, Institute of Technology and Science, The University of Tokushima, 2-1 minamijosanjima, Tokushima 770-8506, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't