徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [林 良夫]/[新垣 理恵子]/[石丸 直澄]/Salivary gland and autoimmunity/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
206820
EOID
907256
Map
0
LastModified
2018年5月23日(水) 17:08:14
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石丸 直澄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 林 良夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 新垣 理恵子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Salivary gland and autoimmunity

副題 任意
要約 任意

(英) Recent evidences suggest that the apoptotic pathway plays a central role in tolerazing T cells to tissue-specific self antigen, and may drive the autoimmune phenomenon in the salivary glands. We found that retinoblastoma-associated protein RbAp48 overexpression induces p53-mediated apoptosis in the salivary glands caused by estrogen deficiency. We demonstrated that transgenic (Tg) expression of RbAp48 resulted in the development of autoimmune exocrinopathy resembling Sjögren's syndrome (SS). CD4(+)T cell-mediated autoimmune lesions in the salivary glands were aggravated with age, in association with autoantibody productions. We obtained evidences that salivary epithelial cells can produce interferon-gamma (IFN-gamma) besides interleukin (IL)-18, which activates interferon regulatory factor-1 (IRF-1), and class II transactivator (CIITA). Indeed, the autoimmune lesions into Rag2(-/-) mice were induced by the adoptive transfer of lymph node cells from RbAp48-Tg mice. These results indicate a novel immunocompetent role of epithelial cells that can produce IFN-gamma, resulting in loss of local tolerance prior to developing gender-based autoimmunity. The studies reviewed the molecular mechanisms on the development of salivary gland autoimmunity, and gender-related differences in SS.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Apoptosis
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] アポトーシス (apoptosis)
  3. (英) Autoimmunity
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 自己免疫 (autoimmunity)
  4. (英) Disease Models, Animal
  5. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  6. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  7. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  8. (英) Mice, Transgenic
  9. (英) Retinoblastoma-Binding Protein 4
  10. (英) Salivary Glands
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 唾液腺 (salivary glands/->キーワード[唾液腺])
  11. (英) Sex Characteristics
  12. (英) Sjogren's Syndrome
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] シェーグレン症候群 (Sjögren's syndrome)
  13. (英) T-Lymphocytes
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] Tリンパ球 (T lymphocytes)
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 56
必須
必須 185 191
都市 任意
年月日 必須 2009年 12月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.56.185    (→Scopusで検索)
PMID 任意 20224179    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 111327
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Oral Molecular Pathology, Institute of Health Biosciences, University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Lectures