徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [工藤 隆治]/[生島 仁史]/[工藤 景子]/[徳山 麗子]/[尾﨑 享祐]/[古谷 俊介]/[川中 崇]/[久保 亜貴子]/[西谷 弘]/[誉田 栄一]/High-dose-rate brachytherapy for patients with maxillary gingival carcinoma using a novel customized intraoral mold technique./[Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
206313
EOID
712326
Map
0
LastModified
2013年9月18日(水) 15:20:17
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
工藤 隆治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔病態制御学講座.歯科放射線学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.保健科学部門.医用情報科学講座.放射線治療技術科学(2008年4月1日〜2015年3月31日)
  3. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.分子口腔医学講座.口腔外科学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  4. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔内科学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  5. 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.生体防御腫瘍医学講座.放射線科学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  6. 徳島大学.病院.先端医療開発研究プロジェクト
著者 必須
  1. 工藤 隆治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学]/[徳島大学.歯学部.歯学科.口腔疾患系臨床歯学講座.口腔外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 生島 仁史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 工藤 景子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 徳山 麗子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 尾﨑 享祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 古谷 俊介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 川中 崇([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学]/[徳島大学.病院.診療科.放射線科.放射線治療科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 久保 亜貴子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.放射線医学]/[徳島大学.病院.診療科.放射線科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 西谷 弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 誉田 栄一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科放射線学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) High-dose-rate brachytherapy for patients with maxillary gingival carcinoma using a novel customized intraoral mold technique.

副題 任意
要約 任意

(英) OBJECTIVE: The purpose of this study was to introduce a novel customized intraoral mold treatment for maxillary gingival carcinoma (UGC). STUDY DESIGN: Two patients with UGC were treated as salvage therapy using this technique. The mold was designed to keep normal soft tissues adjacent to the tumor away from the radioactive source as much as possible, and it was shielded by lead. The radiation dose on the buccal mucosa and tongue was measured at the inner and outer surfaces of the intraoral mold before starting high-dose-rate brachytherapy by the remote afterloading system, and was reduced to almost one tenth. RESULTS: The patient had no recurrence and no severe adverse effects on the normal soft tissue adjacent to the tumor until the end of the follow-up period. CONCLUSION: High-dose-rate brachytherapy using the novel customized intraoral mold might be a treatment option of not only salvage therapy, but definitive therapy of UGC.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics(American Academy of Oral and Maxillofacial Radiology/American Academy of Oral Medicine/American Academy of Oral and Maxillofacial Pathology/The American College of Oral and Maxillofacial Surgeons/Organization of Teachers of Oral Diagnosis)
(pISSN: 1079-2104, eISSN: 1528-395X)
ISSN 任意 1528-395X
ISSN: 1079-2104 (pISSN: 1079-2104, eISSN: 1528-395X)
Title: Oral surgery, oral medicine, oral pathology, oral radiology, and endodontics
Title(ISO): Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod
Publisher: Mosby Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 109
必須 2
必須 e102 8
都市 任意
年月日 必須 2010年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.tripleo.2009.10.019    (→Scopusで検索)
PMID 任意 20123391    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000273666100048
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Oral and Maxillofacial Radiology, Institute of Health Biosciences, the University of Tokushima Graduate School, Tokushima, Japan. kudoh@dent.tokushima-u.ac.jp

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article