徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [山田 仁子]/カテゴリー分類が引き起こす認識の変化 ー英語の色彩語彙yellowの場合ー/[徳島大学総合科学部言語文化研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
205810
EOID
1039107
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 20:42:19
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
山田 仁子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 山田 仁子([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Perceptional Change from Categorization - A Case Study of English Color Term "Yellow" -

(日) カテゴリー分類が引き起こす認識の変化 ー英語の色彩語彙yellowの場合ー

副題 任意
要約 任意

(英) This study examines uses of the English color term 'yellow', and shows the possibility that the act of categorization can cause some perceptional change of things, and provides a key to clarify the dynamic process of categorization.

(日) カテゴリー分類することで,物事に対する認識の変化が起きる可能性を示す. 本研究では,具体的にyellowという英語の色彩語彙カテゴリーを取り上げる.初めて認知された際には周辺的なメンバーとしてyellowのカテゴリー内に収められた色も,いったんカテゴリー化されると,カテゴリーの中心的なメンバーである原色の黄色に近い色へと認識のされ方が変化する.この認知の変化は,カテゴリー分類が人間の認知機能に働きかけ,またカテゴリーというものがダイナミックな変動性を持つ可能性を示唆する.

キーワード 推奨
  1. 認知機能(cognitive function)
  2. (英) category / (日) カテゴリー / (読) かてごりー
  3. (color)
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 徳島大学総合科学部言語文化研究([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(pISSN: 1340-5632, eISSN: 2433-345X)
ISSN 任意 1340-5632
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
必須 17
必須
必須 75 82
都市 任意
年月日 必須 2009年 12月 30日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007523253/
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050845762393878400
NAID 110007523253
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 75674
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意