徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 秋山 孝正/[奥嶋 政嗣]/小澤 友記子/都市交通計画のためのファジィクラシファイアシステムによる目的地選択モデル/[知能と情報]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
205764
EOID
660742
Map
0
LastModified
2012年9月18日(火) 19:50:32
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
奥嶋 政嗣
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) AKIYAMA Takamasa / (日) 秋山 孝正 / (読) あきやま たかまさ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 奥嶋 政嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) OZAWA Yukiko / (日) 小澤 友記子 / (読) おざわ ゆきこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Destination Choice Model with Fuzzy Classifier System for Transport Planning

(日) 都市交通計画のためのファジィクラシファイアシステムによる目的地選択モデル

副題 任意
要約 任意

(英) The travel behaviour approach is developed to analyze the urban traffic flow in terms of individual travel behaviour for urban transport planning. In the study, destination choice modelling is particularly discussed for the description of individual travel behaviours. The development of proper destination choice model for multi-stage traffic analysis is rather important in terms of spatial trip structure for travel behaviour analysis. The structure of destination choice model with fuzzy classifier systems is discussed and the empirical results are shown. The fundamental formulation of fuzzy classifier system is mentioned and the parameters of membership functions are determined with empirical data. The fitness for destination of travel behaviours is discussed to compare the proposed destination choice model to the existing model. As a result, it is confirmed that the accuracy of estimation for the destination of trip makers can be improved with introduction of the model based on learning process in fuzzy classifier system. Furthermore, it is known as well that the travel behaviour model installing the proposed destination choice process provides the improved estimation of realistic travel patterns. According to the previous results of analysis, it can be concluded that the destination choice model proposed here should have several advantages in travel behaviour analysis to construct the travel behaviour model with high accuracy.

(日) 都市交通計画のために,個人の交通行動メカニズムから都市交通現象を解明しようとするアプローチとして「交通行動分析」が進展している.このような個人単位の交通行動記述において,「目的地選択行動」のモデル化を検討する.段階的な交通行動解析において,適切な目的地選択モデルの構築は,空間的なトリップ構成を規定する意味で交通行動分析上の重要性が高い.本研究では,ファジィクラシファイアシステムを用いた「目的地選択モデル」について構成方法と実証的な分析結果を紹介する.このとき,ファジィクラシファイアシステムの基本構成を定式化して,実証的なデータを用いてメンバシップ関数のパラメータを設定した.さらに,本研究で提案した「目的地選択モデル」と従来型のモデルを比較するため,交通行動者の目的地の的中程度を検討した.この結果,学習機能をもつファジィクラシファイアシステムを導入したモデルによって,交通行動者の目的地の推計精度が向上することが確認できた.また,提案した目的地選択モデルを導入した交通行動モデルを用いて,現実的な交通行動パターンの妥当性が向上することを確認した.このような分析結果を踏まえて,推計精度の高い交通行動モデルを構成するための,提案した目的地選択モデルの交通行動推計上の優位性が示された.

キーワード 推奨
  1. (英) travel behaviour model / (日) 交通行動モデル / (読) こうつうこうどうもでる
  2. (英) fuzzy classifier system / (日) ファジィクラシファイアシステム / (読) ファジィクラシファイアシステム
  3. (英) destination choice / (日) 目的地選択 / (読) もくてきちせんたく
発行所 推奨 (英) Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics / (日) 日本知能情報ファジィ学会 / (読) にほんちのうじょうほうふぁじぃがっかい
誌名 必須 知能と情報(日本知能情報ファジィ学会)
(pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)
ISSN 任意 1347-7986
ISSN: 1347-7986 (pISSN: 1347-7986, eISSN: 1881-7203)
Title: 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌
Supplier: 日本知能情報ファジィ学会
Publisher: Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 22
必須 1
必須 110 120
都市 任意
年月日 必須 2010年 2月 15日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10025996309/
DOI 任意 10.3156/jsoft.22.110    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10025996309
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意