徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Yanagida Hirotaka/Umeki Erika/Tamura Yasutaka/Saitoh Tadashi/Takahashi Tatsuhisa/Ikegami Masanaga/[南川 慶二]/Ultrasonic Polymerization of N-Isopropylacrylamide below and above Critical Temperature/[Japanese Journal of Applied Physics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
204839
EOID
952754
Map
0
LastModified
2019年8月5日(月) 15:14:42
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
南川 慶二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 物質変換化学(2006年4月1日〜2016年3月31日)
  2. 物質合成化学講座(2006年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.物質合成化学講座])
  3. 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座
著者 必須
  1. (英) Yanagida Hirotaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Umeki Erika
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tamura Yasutaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Saitoh Tadashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takahashi Tatsuhisa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Ikegami Masanaga
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 南川 慶二([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Ultrasonic Polymerization of N-Isopropylacrylamide below and above Critical Temperature

副題 任意
要約 任意

(英) Poly(N-isopropylacrylamide) is a well-known thermosensitive polymer exhibiting a phase transition at 32 °C. Here, ultrasonic polymerization of the monomer, N-isopropylacrylamide, in an aqueous solution is reported as a novel reaction. Ultrasound irradiation of an N-isopropylacrylamide aqueous solution for approximately 30 min produced the polymer. The yield and molecular weight ($M_{ext{w}}$) of the polymer were measured for various temperatures and monomer concentrations. At 15 °C (below the critical temperature), the reaction yield did not increase after 1 h. At 33 °C (above the critical temperature), however, polymerization continued even 6 h after sonication, producing twice the yield obtained at 15 °C. The $M_{ext{w}}$ of the polymer obtained at 33 °C was $5 imes 10^{4}$ g/mol, approximately five times that at 15 °C.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) The Japan Society of Applied Physics / (日) Published by the Japan Society of Applied Physics through the Institute of Pure and Applied Physics
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[組織] 応用物理学会
誌名 必須 Japanese Journal of Applied Physics([応用物理学会])
(pISSN: 0021-4922, eISSN: 1347-4065)
ISSN 任意 0021-4922
ISSN: 0021-4922 (pISSN: 0021-4922, eISSN: 1347-4065)
Title: Japanese journal of applied physics (2008)
Title(ISO): Jpn J Appl Phys (2008)
Supplier: 社団法人応用物理学会
Publisher: Japan Society of Applied Physics
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Scopus  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 49
必須 7
必須 07HE07 07HE07
都市 任意
年月日 必須 2010年 7月 20日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/150000054348/
DOI 任意 10.1143/JJAP.49.07HE07    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 40017216196
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-77956564847
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意