徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 石井 大輔/巽 大輔/青野 初/[玉井 伸岳]/松本 孝芳/由来の異なる天然セルロースの固体構造と塩化リチウム・アミド系溶媒への溶解性/[材料]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
204755
EOID
1039357
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 20:44:53
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
玉井 伸岳
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Daisuke Ishii / (日) 石井 大輔 / (読) いしい だいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Daisuke Tatsumi / (日) 巽 大輔 / (読) たつみ だいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hajime Aono / (日) 青野 初 / (読) あおの はじめ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 玉井 伸岳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takayoshi Matsumoto / (日) 松本 孝芳 / (読) まつもと たかよし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Solid Structure of Native Celluloses from Different Origins and Their Solubility in LiCl/Amide Systems

(日) 由来の異なる天然セルロースの固体構造と塩化リチウム・アミド系溶媒への溶解性

副題 任意
要約 任意

(英) Native celluloses from different origins show variant solubility in lithium chloride/amide solvent system. The solubility of some of native cellulose is enhanced by solvent exchange procedure, namely sequential immersion in water, acetone, and amide solvents. In order to investigate the effect of the solvent exchange on the solubility and the solid structure of native celluloses, small angle X-ray scattering (SAXS), cross-polarized/magic angle spinning (CP/MAS) 13C solid-state NMR, and X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) measurements were performed. It was revealed from SAXS and solid-state NMR that the solvent exchange significantly affects the submicron-scale solid structure of wood and cotton celluloses. On the other hand, that of microbial and tunicate celluloses is less affected by the solvent exchange. The structural change induced by the solvent exchange is relevant to the enhancement of the solubility, which is supported by the fact that the XPS detected a vestige of dimethylacetamide (DMAc) molecules strongly absorbed on the surface of the cellulose sample even under an extreme vacuum condition.

キーワード 推奨
  1. (英) cellulose
  2. (英) dissolution
  3. (英) solid structure
  4. (英) SAXS
  5. (英) solid-state NMR
  6. (英) XPS
発行所 推奨 (英) The Society of Materials Science, Japan / (日) 日本材料学会
誌名 必須 材料([日本材料学会])
(pISSN: 0514-5163, eISSN: 1880-7488)
ISSN 任意 0514-5163
ISSN: 0514-5163 (pISSN: 0514-5163, eISSN: 1880-7488)
Title: 材料
Supplier: 社団法人日本材料学会
Publisher: Society of Materials Science Japan
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 59
必須 4
必須 273 278
都市 任意
年月日 必須 2010年 4月 15日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/130000257796/
DOI 任意 10.2472/jsms.59.273    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意 1390001205418358656
NAID 130000257796
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意