徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [三好 德和]/[菊池 淳]/[和田 眞]/金属ストロンチウムを用いる新しい合成手法の開発/[有機合成化学協会誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
204532
EOID
689101
Map
0
LastModified
2013年6月1日(土) 21:00:24
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
三好 德和
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.総合理数学科.物質総合コース(2009年4月1日〜)
著者 必須
  1. 三好 德和([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 菊池 淳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 和田 眞
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Development of the New Synthetic Methods Using Metallic Strontium

(日) 金属ストロンチウムを用いる新しい合成手法の開発

副題 任意
要約 任意

(英) We found the interesting results that alkylation of carboxylic acids with methyl iodide using strontium metal proceeded smoothly to afford the corresponding monomethylated ketones, rather than the dimethylated alcohols, preferentially in moderate to good yields. Using the carboxylic acid sodium salt, the yield decreases slightly, but the reaction controls the over-addition of methyla-ting agent to give the dramatically improvement with high selectivities. Next, when benzoic acid reacted with metallic strontium and alkyl iodides, the unexpected reactions occurred to give <I>p</I>-alkylated products of the aromatic ring of benzoic acid in a trace amount. We were interested in the <I>p</I>-allylated product because this allylation reaction is unusual in these conditions and there are only a few reports of the <I>p</I>-alkylation of aromatic carbonyl compounds. As the results of various investigations, the <I>p</I>-alkylated products were obtained predominantly in good yields. Furthermore, it was found that the convenient bulky <I>tert</I>-benzylic alcohol benzoates were prepared by the dialkylation of methyl benzoate with methyl or <I>i</I>-butyl iodide in the presence of metallic strontium, followed by the addition of benzoyl chloride, benzoic anhydride or acetic anhydride as two portions.

キーワード 推奨
  1. 有機化学(organic chemistry)
発行所 推奨 社団法人 有機合成化学協会
誌名 必須 有機合成化学協会誌([社団法人 有機合成化学協会])
(pISSN: 0037-9980, eISSN: 1883-6526)
ISSN 任意 0037-9980
ISSN: 0037-9980 (pISSN: 0037-9980, eISSN: 1883-6526)
Title: 有機合成化学協会誌
Supplier: 社団法人 有機合成化学協会
Publisher: Society of Synthetic Organic Chemistry
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 67
必須 12
必須 1274 1281
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2009年 12月 1日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/10026867321/
DOI 任意 10.5059/yukigoseikyokaishi.67.1274    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 10026867321
WOS 任意 000272944000007
Scopus 任意
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意