徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/生活と社会/地方行政経営論

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
203197
EOID
509022
Map
0
LastModified
2010年2月19日(金) 15:50:51
Operator
妹尾 禎之
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Living and Society / (日) 生活と社会 / (読) せいかつとしゃかい
題目 必須 (英) Local Public Management / (日) 地方行政経営論 / (読) ちほうぎょうせいけいえいろん
形態 推奨
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 石田 和之
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 本年度は,「∼未来を創造する若者たちへ(とくしま未来創造学)∼」をサブテーマとして,地方行政の現状や課題,そして未来の姿を共有する中で,共に考え,共に行動するためのきっかけを提供し,将来の行動に繋がることを目的とする.

概要 必須

(日) この講義は徳島県庁との連携により,実施する講義である.通常の(他の 普通の)講義とは(少し)雰囲気が異なるかもしれません. 1,毎回,行政課題を選び,それぞれの担当部局から講師を招聘して,講義を実施する. 2,講義中に,随時,アンケートを実施して,受講生諸君との意見交換を行う.また,できるだけ,受講生同士,あるいは受講生と担当講師との間でディスカッションを行う機会を設ける予定である.

キーワード 推奨
  1. (日) とくしま未来創造学 / (読) とくしまみらいそうぞうがく
  2. (日) 少子化 / (読) しょうしか
  3. (日) 行政経営 / (読) ぎょうせいけいえい
  4. (日) 徳島 / (読) とくしま
  5. (日) 人生設計 / (読) じんせいせっけい
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意
目標 必須
  1. (日) 地方行政の現状と課題を理解する.

  2. (日) 自己のキャリア・デザインに対する意識を高める.

  3. (日) 活力のある徳島を創ろうとして(いつか)行動をおこす.

計画 必須
  1. (日) イントロダクション

  2. (日) 徳島の未来の姿

  3. (日) 少子高齢化問題(1)

  4. (日) 少子高齢化問題(2)

  5. (日) 少子高齢化問題(3)

  6. (日) 徳島の歴史・文化

  7. (日) 中間試験(または,中間レポート)

  8. (日) 徳島の産業・観光(1)

  9. (日) 徳島の産業・観光(2)

  10. (日) 環境問題

  11. (日) 南海地震と防災対策

  12. (日) 地域医療問題

  13. (日) 徳島の行財政課題総論(未来創造プラン)

  14. (日) 「徳島の少子化問題を考えるタウンミーティング」

  15. (日) 定期試験(または,期末レポート)

  16. (日) 総括

評価 必須

(日) 授業への参加態度(出席およびコメントなど),中間試験(または,中間レポート),期末試験(または期末レポート)を総合的に勘案して評価する.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 無

参考資料 推奨
  1. (日) 講義中に配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 石田 和之
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 受講者へのメッセージ:この講義では,単なる行政課題の解説に留まるのではなく,行政課題の理解を通じて,ふるさとに誇りを持ち,地域の未来に積極的に関わっていく,そして人生設計のきっかけを提供することを意図している.

  2. (日) 徳島県出身学生諸君へ:ふるさと徳島を誇りに思う心や愛する心を持って,自分の人生設計に役立ててもらうことを期待する.

  3. (日) 徳島県出身以外の学生諸君へ:徳島を良く知る機会に,また,自分が育った「ふるさと」を想う心を育てる機会として役立つことを期待する.

  4. (日) 講義計画は,講師の都合により,変更の可能性があることを承知の上で受講されたい.