徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Nishio C/Tanimoto K/Hirose M/[堀内 信也]/[黒田 晋吾]/[丹根 一夫]/[田中 栄二]/Stress analysis in the mandibular condyle during prolonged clenching: a theoretical approach with the finite element method./[Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers. Part H, Journal of engineering in medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
200906
EOID
913493
Map
0
LastModified
2018年7月9日(月) 14:28:55
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
堀内 信也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜2015年3月31日)
  2. 広島大学
  3. 徳島大学.病院.診療科.矯正歯科(2003年10月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Nishio C
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 西雄 千佳
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《西岡 健一 (Nishioka Kenichi) @ 歯学部 [科目等履修生] 2010年4月〜2011年3月》
    《西岡 宗一郎 (Nishioka Souichiro) @ 工学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《西岡 真輔 (Nishioka Michiho) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Tanimoto K
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 谷本 幸多朗 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    [個人] 谷本 起穗
    [個人] 谷本 幸太郎 ([広島大学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《谷本 久美 (Tanimoto Kumi) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《谷本 宗佑 (Tanimoto Sosuke) @ 工学部 [学部学生] 2005年4月〜2009年3月》
    《谷本 悠騎 (Tanimoto Yuki) @ 工学部 [学部学生] 2005年4月〜2009年3月》
    《谷本 裕亮 (Tanimoto Yusuke) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《谷本 裕亮 (Tanimoto Yusuke) @ 工学部 [学部学生] 2004年4月〜2008年3月》
    《谷本 加奈子 (Tanimoto Kanako) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    《谷本 久美 (Tanimoto Kumi) @ 総合科学部 [学部学生] 2003年4月〜2007年3月》
    《谷本 考史 (Tanimoto Takafumi) @ 医学部 [学部学生] 2006年4月〜2012年3月》
    《谷本 明美 (Tanimoto Akemi) @ 人間・自然環境研究科 [科目等履修生] 2004年10月〜2006年9月》
    《谷本 典昭 (Tanimoto Noriaki) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2004年4月〜2006年3月》
    《谷本 和紀 (Tanimoto Kazuki) @ 医学部 [学部学生] 2008年4月〜2014年3月》
    《谷本 恭章 (Tanimoto Yasuaki) @ 人間・自然環境研究科.修士課程 [大学院学生] 2000年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Hirose M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《廣瀬 美和 (Hirose Miwa) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    《廣瀬 聖実 (Hirose Kiyomi) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    《廣瀬 委世 (Hirose Tomoyo) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《弘瀬 未来 (Hirose Miki) @ 総合科学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    《廣瀬 実紀 (Hirose Miki) @ 総合科学部 [学部学生] 1998年4月〜2002年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 黒田 晋吾
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 丹根 一夫([広島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Stress analysis in the mandibular condyle during prolonged clenching: a theoretical approach with the finite element method.

副題 任意
要約 任意

(英) Parafunctional habits, such as bruxism and prolonged clenching, have been associated with functional overloading in the temporomandibular joint (TMJ), which may result in internal derangement and osteoarthrosis of the TMJ. In this study, the distributions of stress on the mandibular condylar surface during prolonged clenching were examined with TMJ mathematical models. Finite element models were developed on the basis of magnetic resonance images from two subjects with or without anterior disc displacement of the TMJ. Masticatory muscle forces were used as a loading condition for stress analysis during a 10 min clenching. In the asymptomatic model, the stress values in the anterior area (0.100 MPa) and lateral area (0.074 MPa) were relatively high among the five areas at 10 min. In the middle and posterior areas, stress relaxation occurred during the first 2 min. In contrast, the stress value in the lateral area was markedly lower (0.020 MPa) than in other areas in the symptomatic model at 10 min. The largest stress (0.050 MPa) was located in the posterior area. All except the anterior area revealed an increase in stress during the first 2 min. The present result indicates that the displacement of the disc could affect the stress distribution on the condylar articular surface during prolonged clenching, especially in the posterior area, probably leading to the cartilage breakdown on the condylar articular surface.

キーワード 推奨
  1. (英) Bite Force
  2. (英) Bruxism
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ブラキシズム (bruxism)
  3. (英) Computer Simulation
  4. (英) Dental Stress Analysis
  5. (英) Elastic Modulus
  6. (英) Finite Element Analysis
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 有限要素解析 (finite element analysis)
  7. (英) Humans
  8. (英) Mandibular Condyle
  9. (英) Models, Biological
  10. (英) Stress, Mechanical
発行所 推奨
誌名 必須 Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers. Part H, Journal of engineering in medicine(Sage Publications)
(pISSN: 0954-4119, eISSN: 2041-3033)
ISSN 任意 0954-4119
ISSN: 0954-4119 (pISSN: 0954-4119, eISSN: 2041-3033)
Title: Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers. Part H, Journal of engineering in medicine
Title(ISO): Proc Inst Mech Eng H
Publisher: SAGE Publications
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 223
必須 6
必須 739 748
都市 任意
年月日 必須 2009年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1243/09544119JEIM485    (→Scopusで検索)
PMID 任意 19743639    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000269574100009
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Orthodontics and Craniofacial Development Biology, Hiroshima University Graduate School of Biomedical Sciences, Hiroshima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't