徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/人間と生命/現代世界の生涯学習

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
200755
EOID
511037
Map
0
LastModified
2010年3月1日(月) 10:56:07
Operator
妹尾 禎之
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Humanity and Life / (日) 人間と生命 / (読) にんげんとせいめい
題目 必須 (英) Lifelong Learning in the Modern World / (日) 現代世界の生涯学習 / (読) げんだいせかいのしょうがいがくしゅう
形態 推奨
  1. 講義および演習
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学]/教養科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 鈴木 尚子([徳島大学.人と地域共創センター])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 我が国における「生涯学習」の現状を踏まえた上で,世界の人々の暮らしとその中で求められている「生涯学習」のあり方について理解することにより,世界的な動向の中で「生涯学習」の意味とそれが一人ひとりの人間に与える影響について捉え直し,その普遍的価値について考えていく力を身につける.

概要 必須

(日) 本授業では,我が国における「生涯学習」をめぐる現状を踏まえた上で,世界の主要な地域の実情についても考察し,「生涯学習」が今日求められている意味について,グローバルな視点から考えていきます.授業の最初から数回は,世界の実情を知るための前提として,我が国における「生涯学習」の起源と特徴ならびにその発展と課題について考えていきます.その過程において,皆さんのご出身の都道府県もしくは市町村における生涯学習の動向について,各自調べた上で発表してもらいます.その後,本授業担当者が研究対象としていてる欧州の「生涯学習」を中心として,世界の主要な地域における「生涯学習」の状況の理解へと視野を広げていきます.本授業の意義は,幅広い視点から「生涯学習」について学ぶことにより,それが一人ひとりの異なった状況にある人間に与える影響について理解し,その普遍的価値について考えていくことにあります.

キーワード 推奨
  1. (日) 生涯学習
  2. (日) 世界
  3. (日) 欧州
  4. (日) 教育
  5. (日) 普遍的価値
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 今日,「生涯学習」という言葉は,至る所で耳にすることと思います.近年我が国で急速に推進されてきた「生涯学習」は,どのような概念であり,日本以外の国々ではどのように解釈され,推進されているのでしょうか.授業での学びを通して,「生涯学習」の普遍的価値について,一緒に考えてみませんか.

目標 必須
  1. (日) 1.国内外の「生涯学習」を取り巻く状況を正確に理解する.

  2. (日) 2.「生涯学習」の普遍的価値について考える力を身につける.

計画 必須
  1. (日) オリエンテーション

  2. (日) 我が国における教育の現状

  3. (日) 我が国における生涯学習の起源と特徴

  4. (日) 我が国における生涯学習の発展と課題

  5. (日) UNESCO及びOECDにおける生涯学習政策と我が国における受容のあり方

  6. (日) 都道府県及び市町村レベルでの生涯学習① レポート個人発表

  7. (日) 都道府県及び市町村レベルでの生涯学習② レポート個人発表

  8. (日) 世界の人々と生涯学習①

  9. (日) 世界の人々と生涯学習②

  10. (日) 世界の人々と生涯学習③

  11. (日) 世界の人々と生涯学習④

  12. (日) 世界の人々と生涯学習⑤

  13. (日) 世界の人々と生涯学習⑥

  14. (日) 世界の人々と生涯学習⑦

  15. (日) 世界の生涯学習 レポート個人発表①

  16. (日) 世界の生涯学習 レポート個人発表②及び総括授業

評価 必須

(日) 毎回の授業への取り組み状況及び受講姿勢(60%),レポートの内容及び発表等(40%)を元に,総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 無

教科書 必須
  1. (日) 特に指定しないが,適宜プリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 新海英行・牧野篤編『現代世界の生涯学習』大学教育出版,2002年(3000円+税)ほか,必要に応じて適宜指示する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 鈴木 尚子([徳島大学.人と地域共創センター])
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 授業は,講義だけでなく,参加者による発言を適宜促すほか,各参加者による発表や話し合いの時間を多く設ける予定です.積極的に学びたい人を歓迎します.