徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/大学入門講座/大学入門講座(工・機械)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
200634
EOID
503669
Map
0
LastModified
2010年1月22日(金) 11:00:20
Operator
末包 哲也
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Introduction to University Education / (日) 大学入門講座 / (読) だいがくにゅうもんこうざ
題目 必須 (英) Introduction to University Education / (日) 大学入門講座(工・機械) / (読) だいがくにゅうもんこうざ
形態 推奨
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学]/大学入門科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. [学生委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 大学で学ぶ意味は何でしょうか.これを自ら探るには,大学生活全体を通じて自律的な学びの姿勢を確立していく必要があります.今後の大学での学びを確かなものにするために,高校までと異なった学習の姿勢や方法の概略,自律的な大学生活を送る方策の概略を把握することを目的とします.

概要 必須

(日) この大学入門講座は,大学での学びを確かなものにするために,高校までとは異なって,「教わる授業から自ら学ぶ授業」という学習の姿勢や方法を身につけられるよう構成されています.各講義は,そのテーマに応じて適切な授業方法で行われます.大学では一般に講義形式の授業が主になりますが,この講座では,講義を聞き,その主題についてノートをとり,グループで討論をしたり,その経過·まとめを口頭で報告したり,また文章でレポートすることなどの,学習方法も取り入れて実践されます.それらを通じて,「自ら学ぶ」姿勢を身につける準備をして,今日,大学生が社会から求められている「知的技法」の一端を身に付けることを目指します.

キーワード 推奨
  1. (日) 機械工学科
  2. (日) 履修計画
  3. (日) 大学生活
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 大学で何を何故学ぶのか,目標をたて大学生活を過ごしましょう.

目標 必須
  1. (日) 以下「【授業の計画】」のテーマについて,その概要や問題点を理解し,友人たちや教員と討論ができ,文章としてまとめられること,また皆の前で報告発表ができること.

計画 必須
  1. (日) 健康的に学生生活を送るために 保健管理センターの紹介·酒タバコの弊害と効用·生活習慣病を予防するための健康管理法とその重要性·及び注意が必要な感染症について説明する.

  2. (日) 施設見学 常三島キャンパスの主要な施設を実際にまわり,利用方法などを紹介する.

  3. (日) 附属図書館からのオリエンテーション

  4. (日) 学びの相談について

  5. (日) 学生委員からの諸注意

  6. (日) 教務委員からの諸注意

  7. (日) 履修計画の作成 1

  8. (日) 履修計画の作成 2

  9. (日) 履修登録

  10. (日) 読書のすすめ·英語のすすめ コミュニケーションのために,自分の意見を構築することの大切さ,さらに国際社会で活躍するために英語能力が重要であることを認識する.

  11. (日) 学びと倫理 人間また技術者として,何を身に付けなければならないか,その基本を理解する.

  12. (日) 機械工学の生い立ち,教育理念·教育目標·教育方針を説明し,これから4年間の「学びの設計」を考える基盤を作る.

  13. (日) 進路の探し方 これからの生き方, 進学, 就職等の状況と心構えを説明する.

  14. (日) レポートの書き方 その意味と書き方について説明する.またプレゼンテーションの重要性を説く.

  15. (日) パソコンを使う 情報を収集·発信するためのテクニックを紹介する.

評価 必須

(日) 授業への参加の姿勢と到達目標の達成度により評価し,単位を認定する.

再評価 必須

(日) 無(欠席等の場合は,課題のレポートを課す)

教科書 必須
  1. (日) 工学部『「学びの技」はじめの一歩』,その他必要に応じてプリントを配布する.

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 末包 哲也
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 機械工学科·教務委員