徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/基礎数学/微分積分学 I

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
200407
EOID
502900
Map
0
LastModified
2010年1月15日(金) 22:27:32
Operator
片山 真一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[全学共通教育センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 全学共通教育 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Basic Mathematics / (日) 基礎数学 / (読) きそすうがく
題目 必須 (英) Calculus 1 / (日) 微分積分学 I
形態 推奨
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]
担当教員 必須
  1. 片山 真一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.応用数理分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.応用数理講座])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 微分積分学は現代社会の持続発展のための科学技術の基礎として必要な数学のその1番の基礎となる道具の1つである. 本講義では,微分積分学の微分の部分に重点を置いて学ぶ. また後期の微分積分学IIでは, 積分に重点を置いて学ぶ. 本講義では, 高校で習った数学Ⅱ,数学Ⅲを改めて基礎として1変数の微分の概念について改めて見直して,専門分野で用いるための基本的な数学としての微分の概念を把握す.また同時に 基本となる微分の計算法に習熟することを目的とする.

概要 必須

(日) 高校で学習した1変数の微分法を理論的に深め,その計算法,応用について講義する. さらに,2変数以上の多変数関数の微分法とその応用を講義する.

キーワード 推奨
  1. 連続関数(continuous function)
  2. (日) 1変数関数の微分 / (読) いちへんすうかんすうのびぶん
  3. (日) 多変数関数の微分 / (読) たへんすうかんすうのびぶん
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 基礎数学/微分積分学 II([2010/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    関連度 任意 0.900000
  2. 基礎物理学/基礎物理学f・力学概論([2010/[徳島大学]/基礎科目群/[共通教育]])
    関連度 任意 0.500000
注意 任意

(日) 授業には積極的に取り組むこと.予習復習は必ず行うこと.

目標 必須
  1. (日) 微分学についての基礎概念を理解し,極限,微分,偏微分の計算ができること.

計画 必須
  1. (日) 三角関数と指数関数

  2. (日) 極限

  3. (日) 連続関数

  4. (日) 1変数関数の微分

  5. (日) 平均値の定理

  6. (日) テーラーの定理

  7. (日) テーラー展開

  8. (日) 2変数関数の極限

  9. (日) 偏微分

  10. (日) 高次偏導関数

  11. (日) 全微分可能性

  12. (日) 合成関数の微分,テーラーの定理

  13. (日) 2変数関数の極値(1)

  14. (日) 2変数関数の極値(2)

  15. (日) 定期試験

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) 随時行うレポートの提出内容および期末試験をもとに総合的に評価する.

再評価 必須

(日) 有

教科書 必須
  1. (日) 教科書:小竹・天羽共著 「初等微積分」 牧野書店

参考資料 推奨
URL 任意
連絡先 推奨
  1. 片山 真一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.数理科学系.応用数理分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.応用数理講座])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日: 15:00時-17:00時

科目コード 推奨
備考 任意