徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/ドイツ言語文化研究II (その2)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
199013
EOID
500930
Map
0
LastModified
2010年1月11日(月) 03:34:20
Operator
井戸 慶治
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (日) ドイツ言語文化研究II (その2) / (読) どいつげんごぶんかけんきゅう
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]
  2. 2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 井戸 慶治([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 造形芸術(絵画・彫刻・建築)やそれに従事する芸術家が文学作品の中でどのように扱われているかということを,主として18世紀以降のドイツ文学において考察する.

概要 必須

(日) ここで対象となる芸術には,古代ギリシア•イタリア•フランスなどのものも含まれる.造形芸術を扱う文学のあり方はさまざまである.あるときは他種の芸術との差異が強調され(レッシング),またあるときはそれらとの融合が論じられる(ロマン派).実在にせよ架空にせよ,芸術家は小説などの格好の素材•テーマとなる(ヴァッケンローダーなど).特定の芸術作品や芸術家を対象とした美学的批評もある.また,程度の差はあれ画才に恵まれた詩人•作家もいる.関連の芸術作品を視聴覚機器などで参照しながら,種々の文学作品を見てゆきたい.

キーワード 推奨
  1. ドイツ文学(German literature)
  2. (日) 造形芸術
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. ドイツ言語文化研究I (その2)([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. ドイツ言語文化研究III (その2)([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  3. ドイツ言語文化研究II (その1)([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) ドイツ言語文化研究IIは,8単位重ね読み可能な授業であるから,原則として,連続する2年間4期の授業のうち,複数の授業を修得してもすべて卒業に有効な単位となる.したがって,この4期の授業はそれぞれ内容的に異なるが,テーマは「ドイツ文学で扱われる芸術と芸術家」で一貫している.

目標 必須
  1. (日) 絵画や彫刻,芸術家に関するさまざまな考え方や感じ方が,文学においていかに表現されているかを知る.

  2. (日) 副産物として:作家たちの独自の見方を通して,特定の芸術家や芸術作品に対する新しい目が開かれることがある.

計画 必須
  1. (日) 以下のような作家•作品•テーマを扱うが,詳細については若干の変更もありうる.また,各項目の番号は扱う内容の順序を示しているが,必ずしも1回の授業の範囲を厳密に規定するものではない. 1回目では,今後の授業方針の説明などをおこなう.

  2. (日) ヴィンケルマンとギリシア芸術

  3. (日) レッシング:「ラオコオン」

  4. (日) ヘルダー:「彫塑」など

  5. (日) ハインゼ:「アルディンゲロ」

  6. (日) ゲーテ:「ドイツの建築法について」

  7. (日) ゲーテのラオコオン論

  8. (日) 画家としてのゲーテ

  9. (日) ヴァッケンローダーの描くイタリア・ルネサンスの画家たち

  10. (日) ヴァッケンローダーの描くデューラー

  11. (日) ティーク:「フランツ・シュテルンバルトの遍歴」

  12. (日) ノヴァーリスの芸術論

  13. (日) アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルの芸術論

  14. (日) フリードリヒ・シュレーゲルの芸術論

  15. (日) 予備

  16. (日) 総括授業

評価 必須

(日) レポートと普段の授業への取り組みで総合的に評価する.

再評価 必須

(日) なし.

対象学生 不用

(日) 3·4年

教科書 必須
  1. (日) 教材はプリントを配布する.

参考資料 推奨
  1. (日) 授業中にプリントを配布し,視聴覚資料などを示し,参考文献の指示もおこなう.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 井戸 慶治([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日16-17時,3号館1階学習支援室

  2. (日) ido@ias.tokushima-u.ac.jp
    オフィスアワー 任意
科目コード 推奨
備考 任意