徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/国際文化ゼミナール (その2)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
198856
EOID
500604
Map
0
LastModified
2010年1月8日(金) 16:38:12
Operator
今井 晋哉
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (日) 国際文化ゼミナール (その2) / (読) こくさいぶんかぜみなーる
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 今井 晋哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 「本ゼミナール(総論)」のシラバスを参照のこと.

概要 必須

(日) 歴史のダイナミックな動向あるいは日常的社会現象に潜む問題を対象に,その歴史的・社会的背景,人びとの反応,あるいは権力の問題―例えば「中心」と抑圧される「周縁」との間の線引きの問題―などを探求し,それを通じて現代世界や歴史に対する見方が変わるという体験をしてもらう.「歴史・社会」サブコースの授業科目や「ゼミ」はそのためにあるのだと思います.そのようなことを念頭に,ヨーロッパ(英・仏以外)の歴史,現代のヨーロッパや日本の問題に関心のある方とは,一緒に勉強できるかもしれないと思っています.

キーワード 推奨
  1. (日) 近現代ヨーロッパ / (読) きんげんだいよーろっぱ
  2. (日) 歴史研究 / (読) れきしけんきゅう
  3. (日) 社会研究 / (読) しゃかいけんきゅう
  4. (日) 卒業研究 / (読) そつぎょうけんきゅう
先行科目 推奨
  1. ヨーロッパ歴史·社会論III([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.アジア研究コース.日本文化研究サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
    必要度 任意
関連科目 推奨
  1. ヨーロッパ地域研究特論([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. ヨーロッパ社会研究III([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.哲学·思想サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.歴史·社会サブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 「本ゼミナール(総論)」のシラバスを参照のこと.

目標 必須
  1. (日) 「本ゼミナール(総論)」のシラバスを参照のこと.

計画 必須
  1. (日) 3年次前期には,いくつかの日本語文献を共通のテキストとして,一緒に読みながら内容を理解し,論点を確認するという作業を中心に行います.その際,重要な事象,概念,人名,地名などについては,参考図書を使って調べてきてもらいます.テキストは,受講者の関心を考慮に入れつつ選びたいと思います.また,この時期に文献·資料の調査·収集の方法についても学習します.

  2. (日) 3年次後期には,前期と同じような学習に加えて,卒業研究のテーマを決め,研究をスタートしてもらいます.

  3. (日) ときおり論説文の内容を要約し,論点を整理したペーパーを提出してもらい,添削するという読解・文章表記の練習も行おうと思います.

  4. (日) 4年次後期には,「卒業研究中間発表会」を経て,いよいよ卒業論文をまとめていくことになります.なおゼミで,あるいは卒業研究のために英語やドイツ語の文献を読むかどうかは,受講者の意欲と研究テーマによります.

  5. (日) ゼミの時間には,予め用意してもらうレジュメにもとづき,まず基本的な報告をしてもらいます.続いて,報告内容について質疑応答や討論を行います.

  6. (日) 卒業研究についてはいろいろと相談に乗りますが,研究テーマ自体は自由に選んで,自主的·積極的に勉強を進めてほしいと思います.どのようなテーマを選ぶにしろ,各自の問題意識を大切に,視野はできるだけ広く,同時に研究対象は具体的に絞り込んで,それをできるだけ深く掘り下げる,ということを目指したいと思います.自分の研究を最終的に卒業論文にまとめていくために,ゼミを通じて文献·資料の綿密な調査·読解と併せ,調べたことを自分なりに整理し,報告する手法にも習熟してほしいと思います.

評価 必須

(日) 毎回の課題へのとりくみ方,討論への参加の程度などの観点から総合的に評価します.

再評価 必須

(日) 行いません.

対象学生 不用

(日) 3·4年生

教科書 必須
  1. (日) 特定の教科書は用いません.

参考資料 推奨
  1. (日) 教材·参考文献等は随時,配付もしくは紹介します.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 今井 晋哉([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    オフィスアワー 任意

    (日) 随時

科目コード 推奨
備考 任意
  1. (日) 2010年度後期開講

  2. (日) (火)9·10または(水)9·10