徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/英米文化研究I (その2)

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
198663
EOID
485647
Map
0
LastModified
2009年11月25日(水) 23:12:21
Operator
水本 匡昭
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 総合科学部 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (日) 英米文化研究I (その2) / (読) えいべいぶんかけんきゅう
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]
  2. 2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]
  3. 2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.国際文化コース.文化情報サブコース]/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 宮崎 隆義
    肩書 任意
単位 必須 2
目的 必須

(日) 英文学の歴史的発展の過程を論述し,あわせてその時代背景,並びに文学事情を明らかにする.

概要 必須

(日) 英文学史

キーワード 推奨
  1. (日) 文学史
  2. (日) 時代背景
  3. (日) 文学事情
先行科目 推奨
関連科目 推奨
  1. 英米文化研究II (その1)([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  2. 英米文化研究III (その1)([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
  3. 英米の社会と文化II (その1)([2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語表現サブコース]/[学士課程]]/[2010/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科.欧米言語コース.言語コミュニケーションサブコース]/[学士課程]])
    関連度 任意
注意 任意

(日) 英文学の通史であるので通年受講が望ましい.年間の授業計画は,以下に示してあるが,後期は,おおむねロマン主義の復興から現代までを,試験を含め16回の授業で扱う.

目標 必須
  1. (日) 英文学史上の詩人·劇作家·小説家等及びその代表的作品について,並びに文芸思潮についての知識習得と理解を目標とする.英文学の流れを概ね以下に沿って追い,それぞれの時代の背景や思潮を概観しながら,代表的な詩人,劇作家,小説家等の作品を味わいたい.

計画 必須
  1. (日) ※履修上の注意を参照.

  2. (日) アングロ·サクソン時代

  3. (日) 中世時代

  4. (日) 文芸復興期(ルネッサンス)

  5. (日) 清教主義(ピューリタニズム)の時代

  6. (日) 古典主義の時代

  7. (日) 古典主義の衰退と小説の勃興

  8. (日) ロマン主義の復興

  9. (日) ヴィクトリア朝

  10. (日) 20世紀の文学

評価 必須

(日) 本授業は講義形式で行うが,授業への出席状況,授業時の取り組み姿勢などに基づく平常点での評価と,期末試験またはレポート等の結果による評価をあわせて,成績の評価としたい.

再評価 必須

(日) 行う.

対象学生 不用

(日) 2年以上

教科書 必須
  1. (日) 授業時に適宜指示する.また必要に応じて,教材,参考資料等を用意する.

参考資料 推奨
  1. (日) 参考資料は授業時に適宜配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 宮崎 隆義
    オフィスアワー 任意

    (日) 火曜日 12時∼13時

科目コード 推奨
備考 任意