徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

授業概要: 2010/薬理学

ヘルプを読む

「授業概要」(授業概要のリスト)は,授業の概要を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
198556
EOID
578147
Map
0
LastModified
2011年4月10日(日) 18:36:35
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[教務委員会委員長]/[徳島大学.医学部.保健学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 医学部保健学科 (授業概要)
入学年度 必須 西暦 2010年 (平成 22年)
名称 必須 (英) Pharmacology / (日) 薬理学 / (読) やくりがく
題目 任意
コース 必須
  1. 2010/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻]/保健学科.看護学専攻/[学士課程]
  2. 2010/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻]/保健学科.放射線技術科学専攻/[学士課程]
  3. 2010/[徳島大学.医学部.保健学科.検査技術科学専攻]/保健学科.検査技術科学専攻/[学士課程]
担当教員 必須
  1. 滝口 祥令([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
    肩書 任意
単位 必須 1
目的 必須

(日) 病気の治療·予防を目的とした薬物療法を効果的に,かつ安全に行っていくに は,医療に関わるスタッフ全員が薬に対する正しい知識と理解が必要である.本講義 では,適正な薬物治療に参画できるようになるために,薬の基本的性質と作用に ついて学ぶ.

概要 必須

(日) 1)薬物治療に伴う反応 ·医療現場で使用されるおもな薬物の作用と副作用 ·医薬品の安全対策 2)薬物治療に伴う看護技術 を中心とする.

キーワード 推奨
先行科目 推奨
関連科目 推奨
注意 任意

(日) 薬理学を理解するには,生化学,生理学など周辺知識が必要です.

目標 必須
  1. (日) 看護時に必要な医薬品に関する法令について概説できる.

  2. (日) 主作用·副作用などの薬物作用(薬理作用)の概念を説明できる.

  3. (日) 薬物の投与量とこれによって引き起こされる薬理反応の大きさの量的関係に関する基本的事項ついて概説できる.

計画 必須
  1. (日) 薬理学の基礎知識 (薬物動態)

  2. (日) 薬理学の基礎知識(生体調節機能)

  3. (日) 薬理学の基礎知識(薬の作用機序)

  4. (日) 中枢神経系作用薬

  5. (日) 循環系作用薬

  6. (日) 循環系作用薬

  7. (日) 血管系作用薬

  8. (日) 呼吸器系作用薬

  9. (日) 消化器系作用薬

  10. (日) 内分泌・代謝系作用薬

  11. (日) 内分泌・代謝系作用薬

  12. (日) 抗微生物薬・消毒薬

  13. (日) 抗炎症薬・解熱薬・抗アレルギー薬・免疫抑制薬

  14. (日) 抗悪性腫瘍薬

  15. (日) その他の薬剤

  16. (日) 試験

評価 必須

(日) レポートと試験成績で評価する

再評価 任意

(日) 再試験を実施する

対象学生 不用 開講コース学生のみ履修可能
教科書 必須
  1. (日) 新体系看護学全書5 疾病の成り立ちと回復の促進(3) 薬理学 メヂカルフレンド社

参考資料 推奨
  1. (日) 必要な資料は配布する.

URL 任意
連絡先 推奨
  1. 滝口 祥令([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
    オフィスアワー 任意

    (日) 随時.事前に連絡を取ってください.(研究室:薬学部研究棟2階)

科目コード 推奨
備考 任意